TBSテレビのドラマ「チア☆ダン」第2話のあらすじとキャスト




2018年7月20日(金)夜10時から放送されたTBSテレビのドラマ「チア☆ダン」第2話のあらすじを紹介していきます。東京から転校して来た桐生汐里の影響を受けて、諦めていたチアダンスの夢を再スタートさせた藤谷わかばは、新たな夢を追いかけて東京へ向かう姉の藤谷あおいを励まし、自分だけは応援しているからと言う気持ちをダンスで表現します。偶然その場に遭遇した教師の漆戸太郎は、ついわかば達の顧問ですと言ってしまうのです。わかば達メンバーは顧問の先生が決まった事に大喜びします。JETSに勝って全米大会に行くと言う思いは叶える事ができるのか?第2話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「チア☆ダン」のキャストと登場人物

新木優子(役:藤谷あおい)

登場人物

藤谷あおい(ふじたに・あおい)藤谷わかばの姉。わかばが子供の頃から憧れていた姉で、福井中央高校チアダンス部JETSのメンバーで、全米大会での優勝も果たす。しかし、そんなあおいには新たな夢があった。

「チア☆ダン」第2話のあらすじ

チアダンス部の顧問に漆戸太郎が就任したと聞いた教頭の桜沢伸介は、予算がない中でどうするつもりかと漆戸に詰め寄ります。部として認められるのは8人からで、現状集まっているメンバーは6人だけでした。桐生汐里の提案で1学期中に残りの2人を集めると教頭と約束し、藤谷わかばと桐生は新メンバーを募ります。

そんな藤谷のことをよく思わないチアリーダー部のメンバー達は、藤谷をSNSのグループから外し、話しかけても無視するようになります。以前の学校で生徒と問題を起こしていた漆戸は、家族に相談することも出来ず、顧問になるべきか悩んでいました。そんな漆戸に声をかけた藤谷は、チアダンス部に入ったことで友達を失ってしまったことを話します。

不登校の柴田茉希が一人でダンスを練習しているところに、桐生と藤谷が現れます。柴田に以前からチアダンス部に入らないかと誘っていた二人は、柴田と一緒にダンスを踊り、みんなで踊る楽しさを伝えます。そして、チアダンスはチームで踊るが、一人一人の個性を出していい競技だと話します。

ある日、練習中にチーム名が浮かんだ桐生は、メンバーと一緒に漆戸に考えたチーム名を伝えに行きます。福井中央高校のJETSを超えるチアダンス部になるようにと願いを込めて、Rocketsと名づけました。そんな彼女達の姿を見て、漆戸は再び生徒に教えたいという思いが沸き上り、顧問になることを決めます。

漆戸は教頭の桜沢にお願いし、終業式の最後にメンバーを募集するために、壇上でダンスすることを許可してもらいます。

校長の蒲生駒子の挨拶が終わると、さっそく壇上に上がったチアダンス部たちは、みんなで練習したダンスを披露します。しかし、途中でメンバー同士のタイミングが合わなかったり、一人が遅れたりしてしまい、周りに笑われます。それでも声を掛け合いながら踊りきったチアダンス部たちは、堂々としていました。

ダンスを終え、誰かチアダンス部に入りませんかと声をかけますが、誰も反応しません。その様子を見ていた柴田は手を上げ、新メンバーとして入ります。あと一人となったところで学級委員の桜沢麻子が手を上げます。娘が手を上げたことで驚いた教頭は、夏期講習はどうするのかと尋ね、娘を止めようとするのですが、本当にやりたいことはチアダンスだと話し反論します。

すると、周りの生徒から学級委員がチアダンスなんてと笑い声が聞こえ始めます。本気でやろうとしている桜沢を馬鹿にするような笑いに我慢出来なくなった藤谷は、その場で強く注意します。そんな藤谷を見て嬉しくなった桜沢は藤谷に駆け寄り、チアダンス部に入れてくださいとお願いし、メンバーが8人揃ったことで部として正式に認められるのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)