TBSのドラマ「義母と娘のブルース」第3話のあらすじとキャスト




2018年7月24日(火)夜10時から放送されたTBSのドラマ「義母と娘のブルース」第3話のあらすじを紹介していきます。亜希子はみゆきと同じ時間を過ごすうちに、無邪気で可愛いみゆきの笑顔は仕事以上の価値があると感じ、勤めていた会社をあっさりと寿退社します。みゆきはそんな亜希子が本当に自分の母親になりたいのだと感じ、次第に心を許し始めるのですが、突然会社で良一が倒れてしまいました。第3話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「義母と娘のブルース」のキャストと登場人物

横溝菜帆(役:宮本みゆき)

登場人物

宮本みゆき(みやもと・みゆき)幼いころに母を亡くした小学3年生。父の良一には心配をかけたくないと思い、しっかりとした態度を見せるが本心は母がいないことで寂しさを感じている。本来は明るく無邪気な性格だが、学校ではおとなしく引きこもっている。

「義母と娘のブルース」第3話のあらすじ

キャリアウーマンだった亜希子は仕事を辞め、専業主婦となり娘のみゆきと一緒に買い物をしていました。亜希子はこだわりハムというハムの値段が他より高すぎることが気になり、販売元である会社の社長に直接電話し、その場で値下げ交渉を始めます。交渉は上手くいき、ハムの値段が50円引きにされます。

その様子を見ていたみゆきのクラスメイトの母親・小林朋子は行事委員長として学校に行った際に、そこにいたPTAのメンバーにその話を伝えます。そのことで亜希子の話が広まり、新しいママの話を聞きたいとみゆきの周りに女の子達が集まってきます。初めて女友達が出来たみゆきは、友達から家に遊びに行っても良いかと聞かれ、亜希子に相談します。そして、亜希子の了解を得たみゆきは、嬉しさのあまりに友達に手紙を書くのでした。

ある日、夫の良一に頼まれ、PTAの集まりに出席することになった亜希子は、スーツを着て学校へと乗り込みます。初めて出席した亜希子ですが、PTAメンバー達が決めたことを一方的に聞いているだけで、誰も何も言わないことに疑問を感じます。そして、分からないことを何度も質問し、改善すべきところを提案すると、PTAメンバーたちは次第に苛立ち、面倒だと思われたのか亜希子には何も手伝わせないのでした。

その後、自宅に招いたはずのみゆきの友達がみんな来られなくなり、みゆきの様子に疑問を感じた亜希子はゴミ箱に捨てられていた手紙を見つけます。それは、みゆきが嬉しそうに友達に宛てて書いていた手紙でした。下山和子の助言を受け、大人の喧嘩に子供を巻き込んでいることに気づいた亜希子は、まだ子供のみゆきの心を傷つけられたことに怒りが込み上げます。

そして、良一が反対する中、亜希子はPTA廃止に向けて署名集めを始めます。署名が保護者数の三分の一集まったところで、亜希子は学校から呼び出されます。亜希子の署名活動を知ったPTAメンバーの一人が学校に抗議したのです。そして、PTA会長の矢野晴美は、あと1週間後に迫っている運動会をPTAメンバー抜きで、亜希子一人でするように言います。

困った先生たちは後日亜希子を呼び出し、PTAメンバーに謝るように促します。その場に駆けつけたみゆきは「私のママなら私が嫌われるような事しないでよ」と亜希子に言うと、亜希子は先生たちに向かって長い物には巻かれろというのかと抗議します。亜希子は本当に思う事を堂々と言って闘う姿を大事な一人娘に見せたいと言い、子供に影で文句を言うような大人になって欲しくないと言います。

そんな亜希子の事を誰よりもかっこいいと感じたみゆきは、亜希子に自分も手伝いたいと言うのです。良一や以前の会社の部下に手伝ってもらい、なんとか運動会を成功させることが出来た亜希子ですが、たくさんの人達に助けられ文句を言われたことで、PTAの必要性を感じていました。一方、PTA会長の矢野も亜希子のように効率良く出来るようになりたいと感じており、お互い認め合った矢野と亜希子は協力関係を築いていくことになるのです。

ある日、良一は複雑な表情を浮かべながら病院へと向かっていました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)