フジテレビのドラマ「グッドドクター」第3話のあらすじとキャスト




2018年7月26日(木)夜10時から放送されたフジテレビのドラマ「グッドドクター」第3話のあらすじを紹介していきます。新堂湊の一連の行動に責任を取るように言われた院長の司賀明ですが、副院長の猪口隆之介の思惑に反して医師の高山誠司が自分に責任があると公言していました。この先どうなっていくのでしょうか。第3話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「グッドドクター」のキャストと登場人物

藤木直人(役:高山誠司)

登場人物

高山誠司(たかやま・せいじ)小児外科医を束ねる優秀な医師。手術の腕もトップクラスで、誰からも尊敬される存在。叱ることの方が多い為、部下たちからは恐れられている。清廉潔白な人柄で人望も厚い。

「グッドドクター」第3話のあらすじ

新堂湊の一連の行動の責任は自分にあると公言した高山誠司は、その責任を取るために謹慎処分になっていました。高山のいない小児科医は慌ただしく、瀬戸夏美が高山の代わりに動いていました。

そんな時、瀬戸にERから連絡が入ります。病院をたらい回しにされ、発症してから既に4時間以上経過していた6歳の市川美結が運び込まれます。新堂は美結の容態を見て、すぐに緊急手術が必要だと気づき瀬戸に訴えかけます。瀬戸は間宮啓介に執刀するようにお願いするが、間宮は非常に難しい状態だと判断し、術中に亡くなったら東郷記念病院が責任を負うことになる為、他の病院に回すように指示します。

しかし、美結を助けたい瀬戸は間宮の反対を押し切って手術します。まだ経験の浅い瀬戸には助けることは出来ず、美結は術中に亡くなってしまうのでした。その後、美結の両親に亡くなったことを伝える瀬戸ですが、父親からそれでも医者かと責められます。

一方、新堂は美結の着ていた服を直し、美結がずっと握り締めていた手作りのラジオたいそうカードを綺麗な状態に戻していました。

ある日、病院側に医療ミスがあったのではないかと、美結の両親が病院を訴えます。そのことですっかり気持ちが沈んでしまった瀬戸は、自分がずっと担当していた石山舞の執刀を拒みます。そんな瀬戸にがっかりした高山は、それでは小児科医は務まらないと瀬戸に辞めるように言います。

新堂は美結の両親の自宅まで訪れ、服とラジオたいそうカードを返そうとします。しかし、そんな新堂の思いなど考えられない父親は、家の前でずっと待っている新堂を見ないふりをして放っておくのです。朝、目が覚めた美結の母親はふと外を見ると、新堂がまだ家の前にいることに気づき、居たたまれなくなり新堂の元へと駆け寄ります。待ち続けても会うつもりはないと伝える母親ですが、新堂から美結の服とラジオたいそうカードを渡されると、娘が戻ってきたような気持ちになり、その場で泣き崩れます。

ある日、病院を訪れた美結の父親は、瀬戸に謝罪します。沢山いる中の一人に過ぎない美結のことを、一生懸命対処してくれた新堂の思いに救われたと話し、突然娘を失い瀬戸を責めることで悲しみを乗り越えようとしていたと打ち明けます。

結局、訴えは取り下げられ、瀬戸は石山の手術を執刀する決意をします。そして、いろいろな思いを乗り越えることができた瀬戸は、無事に手術を成功させます。そんな瀬戸を見ていた新堂は、瀬戸のようになりたいと話します。

石山の手術の際に新堂が参加することを許可しなかった高山。そのことを不服に感じた瀬戸は、高山になぜ新堂に対してそんなに厳しいのかと尋ねます。高山は関係ないと言い、一人になると自分の弟の写真を見ながら、弟の日々を思い出していました。

一方、裏でなにか企んでいる猪口隆之介は間宮を脅し、誰かに電話しながら計画がうまく行きそうなことを伝えるのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)