TBSテレビのドラマ「チア☆ダン」第3話のあらすじとキャスト




2018年7月27日(金)夜10時から放送されたTBSテレビのドラマ「チア☆ダン」第3話のあらすじを紹介していきます。新メンバーに不登校だった柴田茉希と教頭の娘・桜沢麻子が加わり、晴れて正式な部として認められたチアダンス部・Rockets。チーム名も決まり、全米制覇に向けて動き始めます。第3話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「チア☆ダン」のキャストと登場人物

広瀬すず(役:友永ひかり)

登場人物

友永ひかり(ともなが・ひかり)福井中央高校のチアダンス部JETSのコーチ。過去に全米優勝した初代JETSのメンバーとして活躍した。

「チア☆ダン」第3話のあらすじ

藤谷わかばは、目覚ましの時間を見て「遅刻だ!」と驚き飛び起きます。そして母親の言う事も聞かずに家を飛び出して行きます。しかし学校の教室に入った瞬間、今日から夏休みだったと言う事に気付きます。

夏休みなど関係の無いチアダンス部の顧問・漆戸太郎と階段ですれ違う藤谷わかばは「チアダンス部の部室として使える場所がどこかに無いか?」と尋ねます。「あると言えばあるが・・」と答える漆戸の返事を聞くなり、わかばは桐生汐里に電話をし「部室か見つかった」と報告をします。

早速部員のメンバーが集まり、以前マーチングバンド部が使っていたと言う廃墟同然の建物の中に入ります。あまりの汚さに驚くメンバー達は早速掃除を始めます。漆戸は過去に生徒を苦しめてしまった事を思い出し、また同じ事が起こるのではないかと心配していました。

三日もかかって部室の掃除が終わり、メンバー達は壁にペンキで「打倒JETS全米制覇」の文字を書き入れます。こうしてロケッツは福井大会出場に向けてスタートを切ります。しかしいきなり初日からメンバー内で揉め事が起こります。それぞれの事情で集合時間がバラバラだった事に苛立った汐里が原因でした。

そこへ顧問の漆戸がやって来ます。漆戸は抱えていた袋の中から、夢ノートを全員に渡します。そして「大きな夢から次第に小さな夢や目標に置き換えて行く事で、いつか大きな夢を叶える事が出来る」と説明しますが、JETSがやっている事だと話すと汐里は「JETSのパクリか」と尋ねます。そして榎木妙子が「もう夢は壁に書いてるよ」と話すと「じゃあ、もういいか・・」と言って漆戸は夢ノートを近くにあった棚の中に入れてしまいます。

毎日英語の補習授業に出なくてはならないわかばを心配した桜沢麻子は「委員長の特別講習だ」と言って自宅へ招き、勉強を教える事にします。わかばは「家にまで教頭先生がいるのは大変だね」と話しますが「一応、親なんで」と答える麻子は汐里について話し出し、わかばに「部長にならないか?」と言い出します。

わかばは委員長の特別講習のお陰で、補習のテストで61点を取り、やっと補習授業から解放される事になります。わかばは早速メンバーに報告し、麻子にも感謝していると柳沢有紀にデザインしてもらった大会用のRocketsTシャツが出来上がって来ます。自然とテンションの上がるメンバー達は早速練習を始めます。

顧問の漆戸も練習の様子を黙って見守る中、やはり汐里の厳しい指導が原因で言い争いが起こります。そして摑み合いが始まり、突き飛ばされて倒れこんだわかばは大声で叫び出し「お腹空いた」と呟きます。メンバー達は榎木妙子の実家が営むエノキ食堂に行き、みんなで黙々と食べ続けます。

自然と笑顔が溢れる雰囲気の中、桜沢が立ち上がり「わかばに部長をやってもらってはどうか?」と提案します。みんなは自然に納得します。汐里も「振り付けに専念できる」と言って賛成します。わかばは「できっこ無い夢に一歩ずつ近づきたい」と初代チアダンス部の部長としての挨拶をし、チームは一つにまとまります。

そしていよいよチアダンス福井大会が始まります。観客席から他校の演技を見ていたわかば達でしたが、福井中央高校の演技を目の当たりにし、同じ高校生には思えないと言ってレベルの差に衝撃を受けます。

いよいよロケッツの出番になり、緊張しながらも演技が始まります。すると、やはり練習不足と緊張のせいか演技はバラバラで、何度もメンバー同士がぶつかったり倒れてしまったりと、会場の中には笑いが起こるほど酷い演技で大恥をかいてしまいます。

大会が終わり、会場の外で落ち込むメンバー達からは自然とネガティブな声が出て来ます。自分達の実力を悟り、現実を知ったメンバー達は「もうやめよう」と言ってその場を後にして行きます。

すると顧問の漆戸はメンバー達に駆け寄り「本当にそれでいいんか?」と声を掛けます。振り返るメンバー達に「最初からうまくいくと思ってたんか?」と尋ね、一人ずつそれぞれのメンバーに、悪い所、いい所を指摘し声を掛けて行きます。これまで何も言わなかった漆戸が、自分達メンバーの事を見ていてくれた事を知りメンバーは驚きます。漆戸は「目の前の失敗から逃げちゃダメだ」と告げてその場を立ち去ります。

その日の夜、わかばは自分の部屋で考えていました。そして家族と夕飯を食べている時、思わず泣き出して食事を途中でやめてしまい、外へ駆け出し部室へと向かいます。そして漆戸が準備してくれていた夢ノートを取り出して、「打倒JETS、目指せ全米制覇」の文字を書き込むのです。

すると汐里がやって来ます。汐里も夢ノートを取り出すと、他のメンバー達も「悔しくてじっとしていられなかった」と言いながら次々と集まって来ます。

そして漆戸もやって来ると、メンバー達は自分が作った夢ノートにそれぞれの夢や目標を書き込んでいるのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)