フジテレビのドラマ「グッドドクター」第4話のあらすじとキャスト




2018年8月2日(木)夜10時から放送されたフジテレビのドラマ「グッドドクター」第4話のあらすじを紹介していきます。高山誠司は司賀明の代わりに新堂湊の責任を取り、謹慎処分になるも新堂に対しての厳しい態度は変わらず、そこには高山の弟に対する思いが関係しているようでした。猪口隆之介は新たに何かを企み始めたようですが、小児外科はこれからどうなっていくのでしょうか。第4話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「グッドドクター」のキャストと登場人物

柄本明(役:司賀明)

登場人物

司賀明(しが・あきら)東郷記念病院の院長。新堂湊にとっては父のような存在で、新堂が医者になることを後押ししている。前理事長の誘いで院長になったものの、利益よりも医師としての務めを優先させるため、利益を優先させたい猪口隆之介とは意見が合わない。

「グッドドクター」第4話のあらすじ

公園で倒れているところを発見され、東郷記念病院に運ばれてきた少女・大石あかりは検査をしようとすると逃げだし、追いかける医師から逃れようと暴れていました。そんなあかりに動じることなく近づいた新堂湊は、あかりを担当したいと高山誠司にお願いします。高山はそれを拒否しますが、そこに間宮啓介が現れ、新堂に担当させるように言います。

新堂はあかりの担当医になりますが、あかりは言うことを聞こうとはしません。ようやくあかりの母親が現れ、あかりは少しだけ大人しくなります。あかりは3歳の頃に実母を亡くしていました。義母の薫はそんなあかりとどう接していいのか分からず、あかりの態度に叱ることもなくただ見過ごしていました。

ある日、新堂はあかりが大切に持っていたおえかきノートの中身を見てしまいます。あかりは誰にも言わないでと初めて言葉を発します。薫はあかりを転移させたいと申し出ますが、新堂はあかりを抱きかかえ離そうとはしません。

その場に駆けつけた高山と瀬戸夏美に薫は新堂に突き飛ばしたと主張します。院長室に呼ばれた新堂は理由を聞かれても何も答えなかった為、懲罰委員会にかけられることになります。それまで自宅謹慎を言い渡された新堂ですが、あかりとの約束もあり絶対に理由を話そうとはしないのでした。

副院長の猪口隆之介は院長の司賀明を退任させるため、間宮と組んで新堂が不祥事を起こすようにわざと新堂にあかりの担当を任せていました。思い通りに不祥事を起こしてくれたことを猪口は喜び、次の段階に進もうとします。

ある日、病室からあかりの姿が消え、病院中を探しますが見つかりません。そんな中、小児科病棟に入院していた男の子が、新堂は薫を突き飛ばしていないと瀬戸に伝えます。そして、あかりのおえかきノートを見た高山と瀬戸は、そのノートを薫のいないところで父親に見せます。

そこには母親になってくれた薫との日々が書かれていました。最初は新しい母親が来てくれたことを喜んでいる内容だったのですが、実母の顔に似ていることが気に入らないと薫から冷たくされたことや、嫌いだと言われたこと、お腹が痛いというあかりの声を真剣に聞いてくれなかったことが綴られていました。

公園にいるあかりを発見した新堂は、あかりに本当のことを父親に話すように言います。あかりは急にお腹が痛いと倒れこみ、新堂は慌てて東郷記念病院に連れて行きます。高山は新堂が手術室に入ることを初めて許可し、手術は無事に成功します。

薫のことを知ったあかりの父親は、薫に二度とあかりに近づくなと激怒し、家から出て行くように言います。薫からどんなに酷いことを言われても父親のためだと我慢し続けていたあかり。その気持ちを知った父親は、あかりに辛い思いをさせたことを申し訳ないと涙を流すのでした。

新堂の行動は免除され、自宅謹慎をとかれます。そんな中、高山に呼び出された瀬戸は、新堂を小児外科から画像診断科に転科させることを告げられ戸惑うのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)