日本テレビのドラマ「サバイバルウエディング」第4話のあらすじとキャスト




2018年8月4日(土)夜10時00分から放送された日本テレビのドラマ「サバイバルウエディング」第4話のあらすじを紹介していきます。服の力を借りてやっと自分の価値を高めることに成功した黒木さやか。満を持して柏木祐一をランチに誘おうとしていた黒木ですが、逆に柏木の方からランチに誘われていました。黒木にやっとチャンスが巡ってきたのでしょうか。第4話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「サバイバルウエディング」のキャストと登場人物

吉沢亮(役:柏木祐一)

登場人物

柏木祐一(かしわぎ・ゆういち)広告代理店の社員。さわやかなイケメンで誰にでも優しく、仕事もできる。なにも考えていないようにも見えるが、実は努力家でだれよりも自分をしっかりと持っている。

「サバイバルウエディング」第4話のあらすじ

柏木にランチに誘われたさやかは一瞬心の中で舞い上がりますが、柏木から栗原も来ると言われてショックを受けます。3人は食堂に入りますが、何かと柏木にアピールを繰り返す栗原は柏木に年齢を聞き、さらには恋人の存在も確認します。

今度は柏木に年齢を聞かれた栗原は25歳だと答え、その流れでさやかに矛先を向けて年齢を尋ねます。柏木が「僕と同い年くらいですか?」と尋ねると、思わず曖昧な返事をしていまい、すかさず栗原が「じゃあ27歳なんですね」とかぶせます。もうすぐ30歳を迎えるさやかでしたが、柏木の前で本当の年齢を打ち明かすタイミングを逸してしまうのです。

さやかは店を出た後、柏木と二人でバスに乗り二人きりになれると密かに思っていました。しかし店を出るなり栗原は「Webサイトの件で30分程お時間を頂けませんか?」と柏木に話し、二人はさやかの元から立ち去って行きます。

rizでは編集会議が行われ、宇佐美はその後すぐにさやかを自分の部屋へ呼びつけます。そしていつもの恋愛に関するアドバイスを始めて、男と出会う回数を増やす努力をする様にと命じます。

さやかは誕生日までの1ヶ月間を出会いの修行期間と定め、できるだけ多くの男性との出会いを求めてイベントなどへ積極的に参加します。三浦多香子もさやかに便乗し行動を共にします。

毎週の様に合コンらしき集まりに参加するのですが、中々いい出会いには恵まれません。しかし連絡先の交換だけは増えて行きます。

さやかは、IT業界で働く友人の西川健太郎に合コンの手配を頼みます。そして偶然に、仕事の相談にやって来た後任の中谷ユリも誘って、張り切って合コンに行くのですが、メンバーを見た多香子の機嫌が悪くなります。

健太郎が、もう一人遅れて来るメンバーがいると説明していると、そこへやって来たのは柏木祐一だったのです。柏木も驚きますが、健太郎に促されてさやかの隣に座ります。気まずい雰囲気で中々話す事が出来ないさやかでしたが、バスで眠ってしまった事を謝り、なんとか話すきっかけを掴みます。しかし健太郎が余計な事を言って本当の年齢が知られてしまわないかと心配して落ち着きません。

さやかは編集長からアドバイスされた通り柏木にミントを勧めますが、柏木が差し出す手の上でミントを振り続けても中々出て来ない事に焦り、勢いよく振った拍子に大量のミントをバラまいてしまいます。咄嗟に柏木の太ももに落ちたミントの粒を拾おうとした時、偶然に柏木の手と重なってしまうのです。

すると突然に照明が消え、大きな声で「さやかさんが30歳の誕生日を迎えました!」と叫ぶ店員がバースデーケーキを運んで来るのです。なんと、健太郎がバースデーサプライズを準備していたのでした。思わず頭を抱え込むさやかでしたが、あっさりと30歳だと言う事が柏木にバレてしまいます。顔で笑いながらも心で健太郎に怒るさやかは、勢いよくローソクを吹き消します。

さやかは指導された通り行動しているが、状況は好転する気配が無いと編集長に報告します。

誕生日だったさやかは、編集長から言われた作業を抱えて一人で残業をしていました。さやかは柏木に思い切ってメッセージを送ります。するとすぐに返事が戻ってきます。「これから仕事の取引先との飲み会だ」と言う返事に、さやかの頭の中には栗原の顔が浮かび一人で妄想と戦います。

結局一人コンビニで買い物を済ませて帰宅しようとしていると、突然に編集長から電話が入り仕事のミスを指摘されて落ち込みます。

すると今度は石橋和也から電話が入り「食事に行こう」と誘われます。誕生日に一人だったさやかは、心の隙に入り込まれてしまい、その誘いを受けてしまいます。

食事を終えた和也は「結婚式に使うはずだったブーケが届いている」と話し自宅へと誘います。さやかは「ブーケを取りに行くだけだ」と自分に言い聞かせて和也のマンションへと入ります。すると玄関に赤いサンダルを見つけ「お帰りなさい」と言って出て来た藤井カオリと対面します。

さおりは「和也から誘って来て、連れて来られたの」と話しますが、カオリはさやかの残っていた荷物を持って来て直接手渡し「早く出て行って下さい」と告げるのです。

さやかは荷物を抱え落ち込みながら家へと戻ります。泣きながら一人でソファーに座っていると、柏木からメッセージが届いている事に気付きます。そこには「お誕生日おめでとう」と書かれていたのです。さやかは思わず嬉しい気持ちになります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)