フジテレビのドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」第5話のあらすじとキャスト




2018年8月6日(月)夜9時から放送されたフジテレビのドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」第5話のあらすじを紹介していきます。ミハンシステムが次々に危険人物を割り出し、その犯罪を未然に防いできたミハンメンバー達ですが、リーダーの井沢範人は過去にミハンシステムに危険人物として割り出されたことがある人物でした。そんな井沢を東堂定春から見張るように指示された山内徹ですが、井沢は未だに危険人物なのでしょうか。第5話のキャストとあらすじをまとめてみます。

 ドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」のキャストと登場人物 

本田翼(役:小田切唯)

登場人物

小田切唯(おだぎり・ゆい)容疑者を必要以上に暴行したことで、生活安全課から異動になった刑事。男性に対する接し方が異常なぐらいに粗暴だが、その原因は過去にあり、そのことは誰も知らない。

「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」第5話のあらすじ

今回ミハンシステムが危険人物として割り出したのは、高校2年生の岡崎直樹。世田谷区で動物虐待の事件が何件も起こっており、その犯人が直樹ではないかと疑われていました。本人は否認していたのですが、ミハンシステムは直樹が犯人だと断定していたのです。東堂定春はそのことから、もし本当に直樹が犯人だとするとその犯行の手口と多さから、次の対象は人になるかもしれないとミハンのメンバー達に伝えます。

早速、直樹が所属するバスケ部の顧問としてもぐりこんだ山内徹は、直樹から1対1のゲームをしようと誘われます。その誘いにのった山内は直樹に勝ち、負けた直樹は悔しそうな顔をするのでした。

近所の見回りをしている警察官になりすました小田切唯と田村薫は、直樹の自宅周辺で直樹のことを探っていました。そこで以前この辺りで起きた火災の時に、直樹が命がけで1人のおばあさんを助けたことを聞き、みんなから英雄のように慕われていることが分かります。そんな小田切と田村の前に、フリージャーナリストの川上邦明が現れ、名刺を渡されます。

川上は動物虐待の疑いがある直樹と接触し、定期的に会って真相を探っていました。そして、今日も会うと言うのです。

その頃、バスケ部顧問として潜入していた山内は、優秀な指導員や生徒にあらぬ噂が広まり、今まで何人もバスケ部を辞めていったという情報を掴んでいました。井沢はそれが直樹の仕業だと分かると、支配欲が強く良心が異常に欠如したサイコパスではないかと疑い始めます。

そして、川上と直樹が定期的に会っているというカフェの監視カメラをハッキングし、いつでもその状況が見れるようにします。そのカフェで川上に会って直樹の話を聞いていた小田切は、川上が直樹の他にも動物虐待をしている人物に会って話を聞いていることを知ります。

直樹の後を追っていた田村と山内は、鳩と戯れながらスマホを使ってバスケ部の顧問になった山内についてありもしない暴力行為を作り上げ、投稿サイトに投稿していました。東堂定春は幼い頃、無差別に命を奪う事件に巻き込まれた過去がありました。その事件の犯人も最初は動物虐待から始まり、人に危害を加えるようになっていた為、東堂はそんな直樹の犯行をどうしても止めたかったのです。

川上が留守の間に事務所に潜入した井沢と田村、小田切はそこでスクラップブックに川上の親族が何者かに命を奪われた記事を見つけます。そして、川上を調べていくうちに川上も反社会的なサイコパスだということが判明します。川上は直樹の犯行の防波堤ではなく、後押しをしている存在だったのです。そんな川上は事務所に防犯カメラを仕掛けていました。普通の人とは違い、嗅覚の優れている川上は井沢達が仕掛けた隠しカメラに気づき、カメラに向かってメッセージを送ります。捜査責任者に向かって話をしようと手を振る川上ですが、川上の元へ行ったのは東堂ではなく井沢でした。

井沢は川上と話をしていると、直樹が既に人の命を奪いに向かっていることを知ります。直樹の父親は文科省上官で幼いころから直樹を教育し、その感情を押さえつけていました。そんな行き場のない感情が溜まっていた直樹は、文科省で無差別に人を襲おうとしていたのです。

3Dプリンターで作られた銃を持っていた直樹は、人に向かって銃を何発も発砲します。そして、息子の直樹が来ている事に気づいた父親が直樹に近づくと、何のためらいもなく銃で頭を撃ってしまうのです。駆けつけたミハンメンバー達は直樹を取り押さえようとしますが、カッターナイフを取り出し井沢達を威嚇します。そして、取り押さえられそうになると、そのナイフで自らの首を切り自◯してしまいます。

そんな中、急にシャッター音がし、カメラのシャッターを押しながら現れた川上は、その悲惨な現場をカメラに収めていきます。直樹と最高な記事を書く約束をしたと言う川上に腹を立てた東堂は、川上の首を締めますが、そんな東堂を田村が必死で止めるのでした。その後、川上は事件のことを記事に、雑誌に掲載されます。

ある日、川上が夜道を歩いていると川上が何者かに命を奪われるのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)