テレビ東京のドラマ「GIVER−復讐の贈与者−」第4話のあらすじとキャスト




2018年8月3日(金)夜0時12分から放送されたテレビ東京のドラマ「GIVER復讐の贈与者」第4話のあらすじを紹介していきます。ターゲットの命を先に奪い、テイカーのテストに合格した野上朝美と小野田和樹は、サポーターのメンバーとして新たに加わることになりました。次第に大きくなり始めた組織の次なるターゲットとは、一体どんな人物なのでしょうか。第4話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「GIVER−復讐の贈与者−」のキャストと登場人物

水橋研二(役:町田)

 

登場人物

町田(まちだ)サポーターという復讐代行組織のメンバー。主に実務や雑用をしながら、ターゲットの身辺調査をしている。メンバーの中では一番の常識人。

「GIVER−復讐の贈与者−」第4話のあらすじ

喫茶店で高校時代の同級生・結衣子と待ち合わせをしていた美咲は、恐る恐る喫茶店に入ると、先に来ていた結衣子に声を掛けられます。結衣子は現在キャバクラ嬢をしており、胸元の開いた花柄の短いワンピースを着ていました。久しぶりに結衣子に会った美咲は、その風貌に驚きます。結衣子と比べると美咲はかなり地味な格好をしていました。

そんな結衣子に戸惑う美咲でしたが、あとから現れた復習代行業者の義波を結衣子から紹介され、さらに動揺します。そして、そんな美咲に結衣子は2人で高校時代に亡くなった友達・希の復讐をしようと提案します。

希は2年前に何者かに命を奪われていました。結衣子は希の命を奪った奴が許せないと話し、希と初めて出会った日のことを思い出します。希は転校生で、誰とも話さない人魚のような純粋な綺麗な瞳をした女の子でした。

そんな希のことを好きになった男子に振られた上級生の女は、希のせいで振られたと結衣子と美咲に八つ当たりします。そして、その上級生の女は希がどう思っているのか聞いてこいと結衣子と美咲に命令します。慌てて希に確認しに行く結衣子と美咲ですが、以前から話をしたいと思っていた2人はその事がきっかけで希と仲良くなるのでした。

それから3人で昼食を食べたり、夜の学校のプールに忍び込んで花火をしたり、本当に楽しい毎日を過ごしていました。ずっと続くと思っていた楽しい日々は、ある日突然希がプールで遺体となって発見されたことで終わりを告げます。

希は事故で亡くなったと処理されていたのですが、義波は既に犯人と思われる男性を突き止めていました。その男性は希が出会い系で知り合った既婚男性だと言うのです。そして、結衣子と美咲は車へと案内されます。

義波に言われるがままに車に乗り込んだ2人は、黒い袋に覆われてロープで縛られている人が一緒に乗っていることに気づきます。それはどう考えても先ほど義波から聞いた既婚男性でした。驚く美咲ですが、結衣子は復讐への迷いは全くなく平然としています。耐えられなくなった美咲は途中で帰ろうとするのですが、ここまで内容を聞いたあとでは引き返せすと逆に自分達が危ないと結衣子に言われ、渋々山奥に連れて行かれます。

そして、義波が復讐相手に拷問を開始すると、結衣子は美咲にちゃんと見届けるように言います。美咲はこの人が犯人じゃなかったらどうするのかと義波を止めようとしますが、まったくやめようとはしません。我慢できなくなった美咲は「その人じゃない」と叫びます。美咲はこれまで隠していた真実を話し始めます。

希が出会い系を利用していることを知った美咲は、希には内緒で出会い系で知り合った既婚男性に会い、希と別れるように説得していました。しかし、希はその男性ともう一度よりを戻して家出するつもりだと話し、純粋であって欲しいと強く願っていた美咲は怒りのあまりに希の命を奪ってしまったのです。

その事実を事前に義波から聞いていた結衣子は、信じられないと美咲を殴ります。結衣子と美咲はしばらくの間殴り合い、結衣子がやめても美咲は自分で自分の顔を殴り続けます。そんな光景を見ていた復讐代行業者の新メンバー・野上朝美は、こんな復讐はあって良いのかとテイカーに投げかけます。安田はこれが復讐なのだと野上をさとし、義波は依頼人の意向通りに犯人である美咲に復讐をするのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)