フジテレビのドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」第6話のあらすじとキャスト




2018年8月13日(月)夜9時から放送されたフジテレビのドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」第6話のあらすじを紹介していきます。東堂定春の首に残された傷跡は、幼い頃に無差別◯人事件に巻き込まれたものだという事が分かり、その事件によって父を失った憎しみが見え隠れしていました。サイコパスのフリージャーナリスト・川上邦明に本性を見破られた井沢範人ですが、川上は何者かに命を奪われてしまいました。この先どんな展開が待っているのでしょうか。第6話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」のキャストと登場人物

平田満(役:田村薫)

登場人物

田村薫(たむら・かおる)元爆弾処理班の刑事。一番年配のため落ち着いているが、どこが自信なさげで口癖のようにすいませんと言ってしまう。潜入捜査を始めてから中国人のフリをするのが得意になっている。

「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」第6話のあらすじ

ミハンシステムが割り出した危険人物の犯行を未然に防ぐため、未然犯罪捜査班が捜査し解決してきた案件の中で、裁かれない犯罪を犯していた3人の関係者・川上邦明、小松原忠司、湯川司が何者かによって命を奪われていたことが判明します。

その事からミハンシステムの情報が外部に漏れているか、ミハンの中に犯人がいるのではないかと推測した東堂定春は、ミハンのメンバー達を集めてそのことを伝えます。

ミハンのメンバー達はこれまで亡くなった3人について調べ始めます。そこで、犯行当日に怪しい車を見たという目撃証言から車のナンバーを割り出し、古宮康弘という人物が浮上します。戸籍に載っていた住所に向かったミハンのメンバー達ですが、そこは空き地で何の手がかりもなく、その後も古宮の手がかりは一切出てこないのです。

そんな中、井沢範人が捜査中に失踪し、亡くなった3人のうちの川上の命を奪った容疑者として警察から追われます。その後、警察に身柄を確保された井沢は、東堂と話しがしたいと言って2人きりにしてもらいます。その様子を他のミハンのメンバー達も聞いていました。

井沢は川上の命が奪われるのではないかと心配し、見に行ったところ既に川上は亡くなっていたと東堂に伝えます。そして、東堂が犯人なのではないかと尋ねます。東堂はそこで井沢からあるメッセージを受け取ります。

ある事務所に黒いフードをかぶった男性が1人入って来ます。その男性はミハンのメンバーでもある田村薫でした。井沢は取り調べを受けているフリをし、先回りして田村がこの事務所に来るまで待っていました。

25年前、東堂が巻き込まれていた無差別◯人事件によって、田村も婚約者を失っていました。刑事として犯人が危険人物になることを知っていた田村は、その後すべての責任を感じていつのまにか「すいません」が口癖の頼りない刑事になってしまいました。東堂はその事をミハンのメンバーに伝えます。そして、未然に犯行を止められなかった過去を持つ田村が、3人の命を奪った犯人だと伝えます。

その頃、事務所を出た田村は25年前の事件現場に向かっていました。田村がどこに向かっているのか分かっていた井沢とミハンのメンバー達もその事件現場に向かいます。

そして、ミハンのメンバー達が追いつくと、田村はこれまでの犯行をすべて認め、自分は◯人犯だと言ってミハンの今後の活躍を願いながら自分の頭を銃で撃ち、自◯してしまうのです。

未だに田村の犯行だと信じられない小田切唯は、その場で泣き崩れます。現場に行かず、署内で待機していた南彦太郎は何の音だと叫びます。井沢と東堂はその場で目を合わせ、東堂はその光景を見届けるとその場を去って行くのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)