日本テレビのドラマ「高嶺の花」第6話のあらすじとキャスト




2018年8月15日(水)夜10時から放送された日本テレビのドラマ「高嶺の花」第6話のあらすじを紹介していきます。琢磨に殴られて怪我をした月島市松は、病院のベッドでももの母親が亡くなった事について真実を打ち明けます。ももの身代わりで亡くなっていたのでした。その事を知らされたももは、再び月島の家元を継ぐ決意をします。しかし一方で、風間から渡された指輪をはめて喜ぶももの存在もあります。この先ももはどんな行動に出るのか?第6話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「高嶺の花」のキャストと登場人物

戸田菜穂(役:月島ルリ子)

登場人物

月島ルリ子(つきしま・るりこ)月島流家元の後妻でななの実母。家元の意に反し、実の子であるななを次期家元にしたいと願っている。その気持ちが強い事を利用され、夫を裏切り宇都宮龍一と関係を持ってしまう。

「高嶺の花」第6話のあらすじ

もものマンションになながやって来ると、拓真がいる事に驚きます。そして「私に必要な物は罪悪感よ」と話します。

一方、運転手を務める高井は、風間の元を訪ねてももとの結婚はなくなるだろうと話します。理由は家元を継ぐ事になるからだと説明するのです。すると風間は「良かった」と答えます。ももの才能を潰すべきではないと思っていたからです。高井はその返事に驚きますが、実直な人柄だと感じた高井は「このままももとの関係を続けたいと言うのなら、友人としてなら・・」と話すのですが、それを聞いた風間は「彼女が泣いたりしない様に、彼女の事だけで、俺の事は気にしないで下さい」と言うのです。

そんな中、ももは佳代子の店で婚姻届を広げ、田村と原田に証人の署名をお願いしていました。そこへ風間がやって来て、あとは自分の署名だけになっている事に驚きます。ももが自分の出生に関する秘密を家元から聞かされ、自分が家元になると決めた事を高井から聞かされていた風間は少し戸惑います。風間は言われるがまま婚姻届にサインします。そしてみんなと盛り上がったももは、そのまま区役所の夜間窓口へ届けに行きたいと言い出します。風間はももを背負って二人で夜間窓口に婚姻届を提出するのです。

ある日、入院していた月島市松は妻のルリ子に「俎上に載せるとしよう」と告げます。「闇雲に血縁で次の家元を争わせるのはよそに聞こえが悪い」と言って「内々に二人の技量の優劣を判定する俎上をもようす」と話します。

その頃、ななは風間の元を訪ねていました。ななは姉のももが「罪悪感を持つ事によってもう一人の自分を取り戻そうとしている」と話し、風間にひどい事をしようとしている事を話します。しかし風間はその事に気付いていました。婚姻届を出した後、区役所が開く前に返却してもらっていたのです。風間は、これまでのももには「甘えられて、どんな事も守ってくれる存在がいなかったのだと思う」と話し「一生に一度はそんな体感がないと辛いですよ」と言ってももを庇います。そして風間は「その事を、あえて自分を選んで仕掛けて来るんだと思えば、それすら可愛らしい」と答えます。そして「自分がとても可哀想な顔をする事で彼女はスーパーな華道家に戻れる」と言うのです。

そして結婚式の当日を迎えます。月島家からは誰も出席しないはずでしたが、ななだけは内緒で出席し、ももは高井にバージンロードを一緒に歩いてもらう事にします。

その頃、病院のベッドで市松は宇都宮龍一と話しをしていました。市松は龍一から、ルリ子が集めて来たななを支持する家元のリストを受け取ります。そして「家元の娘が運転手の娘に負けるなどあってはならん」と言うのです。宇都宮は「ななさんの方は私にお任せを」と話し、市松は「あぁ」と答えます。

一方で、教会ではももと風間の結婚式が始まります。ももが高井と共に風間の元へと歩み寄り、二人が牧師の前で誓いの言葉を交わして誓いのキスをしようとしている時、突然入り口の扉が開き拓真が走り寄って来ます。拓真はももの腕を掴み外へと走り出します。

風間の方を振り返るももが、立ち尽くす風間の顔を見た時、なぜかその顔は笑っていたのです。ももは驚きます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)