フジテレビのドラマ「グッドドクター」第6話のあらすじとキャスト




2018年8月16日(木)夜10時から放送されたフジテレビのドラマ「グッドドクター」第6話のあらすじを紹介していきます。猪口隆之介が新堂湊を使って院長の司賀明を退任させようと企んでいることを知った瀬戸夏美。それでも新堂湊が患者の子供達を想い、相手が親であろうが信念を貫こうとする強さや、高山誠司から言われた患者を傷つけるような行動を自らが止めていた所を見て、瀬戸夏美は新堂が医師に向いていると感じ、高山も新堂を他の研修医と同等の扱いをし始めていました。そんな中で新堂の父が東郷記念病院に現れたのですが、この先何が待っているのでしょうか。第6話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「グッドドクター」のキャストと登場人物

戸次重幸(役:間宮啓介)

 

登場人物

間宮啓介(まみや・けいすけ)東郷記念病院の小児外科長。あまり手術に自信がなく、出世する為に上の機嫌ばかり伺っている。猪口隆之介に言いくるめられ、院長の退任と小児外科をなくすために裏で動いている。

「グッドドクター」第6話のあらすじ

瀬戸夏美は新堂湊の父が東郷記念病院を訪れたことを院長の司賀明に相談します。新堂は当直を任されてから見違えるように成長していました。

そんな中、高山誠司は新堂に産婦人科医の鶴田皐月を紹介し、母体に危険が及ぶ難しい出産を控えている水野理香の手術に助手として参加するように伝えます。水野は不妊治療の末にやっと授かった命を助けて欲しいと願い、自分の命はどうなっても良いと思っていました。

高山から沢山の参考本を読んでおくように言われた新堂は、その本を読みながら帰ろうとすると、そこに父が待ち構えており、幼い頃虐待していた父とは思えないぐらい新堂を優しく抱きしめます。そして、二人で食事に行こうと誘うのでした。

後日、父との食事を楽しみにしていた新堂を見て心配になった瀬戸は、そのことを司賀に報告します。新堂は嬉しそうに予約していた三ツ星レストランに行き、父を待ちます。

その頃、司賀は新堂の父を呼び出し、ある調査資料を見せていました。結局レストランに現れなかった父は、司賀からもう二度と新堂と会わないという条件付きで多額のお金をもらい、満足して歩いて帰っていました。

そんな父の姿を見つけた新堂は、お父さんと叫びながらどうして来てくれなかったのかと尋ねます。すると父はこの前の態度が嘘だったかのようにお金が入ればお前に用はないと言い、兄が亡くなったのはお前を先に助けたせいだと言って押し倒します。

司賀から新堂の兄は即○だった為、新堂だけが助かったと聞いていた新堂は、父と別れた後に司賀に会いに行き真実を聞かされます。当時、兄より新堂の方が助かる可能性があると判断した司賀は、兄ではなく新堂を先に助けていました。その結果、兄は間に合わず亡くなってしまい、新堂の父はどうして兄の方を助けてくれなかったのかと嘆きます。そんな父の姿を見た司賀は、新堂がこの父親と二人で暮らすのは困難だろうと感じ、二人を引き離したのです。

後でその話を聞いた瀬戸は、複雑な表情を浮かべます。帰宅した新堂はずっと兄に謝り続け、次の日病院には姿を見せませんでした。

一方、水野の容態が急変し、意識を失います。夫の意向もあり子供は諦めて手術しない方向になったのですが、瀬戸はまだ諦めていませんでした。瀬戸は新堂を呼び出し水野の容態を伝えようとしますが、新堂は兄が医師になろうとする自分を望んでいない話し、相談には乗れないと伝えます。しかし、瀬戸は生き残ったあなただからこそ出来ることがあるのではないかと話し、新堂に明日待っているとだけ伝えてその場を去ります。

新堂は水野の病室に行くと、そこに夫の姿がありました。新堂は夫に残された人の気持ちが分かると話し、水野が目を覚ました時にどうなるのかを想像させます。あともう少しでお母さんになれると言う新堂の声を受け入れ、手術することを決心した夫は、病院側に手術して欲しいとお願いします。

新堂は手術の方法を寝ずに考え、その方法を高山や鶴田の前で発表します。手術が始まると思った以上の出血量によって、当初の方法では難しいと判断されます。途中、危険な状態になりながらも無事に手術は成功し、母子ともに助けることに成功するのでした。

一方、司賀は胃がんのステージが上がり、肺にまで転移している結果をただ見つめていました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)