テレビ朝日のドラマ「ハゲタカ」第5話のあらすじとキャスト




2018年8月16日(木)夜9時から放送されたテレビ朝日のドラマ「ハゲタカ」第5話のあらすじを紹介していきます。総合電機メーカー「あけぼの」の再生を巡って、再び再開した芝野と鷲津でしたが、アメリカ最大の軍需産業ファンドのプラザ・グループをバックに、PCメーカー「ファインTD」の社長、滝本誠一郎が「あけぼの」を敵対的買収に乗り出して来た事で協力する事になります。しかし、アランのクーデターによって鷲津はホライズンジャパンを解雇されてしまうのです。後ろ盾と失った鷲津は、自分でファンドを立ち上げる事にします。滝本に宣戦布告する鷲津の今後はどうなって行くのでしょうか?第5話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「ハゲタカ」のキャストと登場人物

堀内敬子(役:芝野亜希子)

登場人物

芝野亜希子(しばの・あきこ)芝野健夫の妻。芝野が銀行で忙しくしている間に、寂しさのあまりお酒に溺れる事になって行く。芝野が銀行を辞めて家族との時間を取る事で次第にお酒と距離を置く様になる。

「ハゲタカ」第5話のあらすじ

鷲津と彼を慕ってホライズンを辞めて来た3名は、新たな事務所を準備します。そして新しい社名を「サムライファンド」と名付けます。

「株式会社あけぼの」の役員会議では、ファインの買収から自社を守る為のレーダー開発部売却が決まります。しかし、会長の新見哲平は売却先が「サムライファンド」だと言う事が納得出来ないでいました。そして売却先の変更を指示します。

その頃鷲津は、ファインTDの社長である滝本が、TOBを仕掛けずに水面下での株式争奪戦に切り替えて来ると予想していました。滝本社長がプラザグループとの関係をマスコミにリークされる事を嫌っていると思っていたからです。

その頃、ホライズンジャパンの融資を受けて9年が経った日光みやびホテルは順調に再生の道を歩んでいましたが、ある日一通の通知が届きます。社長の松平貴子がその中身を確認すると、ホライズンジャパンから届いた「ホテル株式売却通知書」でした。鷲津の代わりに社長のポストに座ったアランが、鷲津が手がけた物件を次々と売却していると言う情報は、既に鷲津の元にも届いていました。鷲津は佐伯に「残りの企業を全て、サムライファンドがどこよりも高い値で買い受ける」とホライズンに打診せよとの指示を出します。

一方でみやびホテルの社長・松平貴子はホライズンジャパンに出向き鷲津を待っていました。しかし、長く待たされた挙句に出て来たアランから鷲津が解雇された事を知らされ、書類に記載の期限から特別に1週間だけ猶予を与えると告げられます。その間に「51億円で株を買い取って貰えない限り他に売却する」と言われてしまうのです。

その後、鷲津からホライズンに対して簿価の3倍に当たる「1200億円で残りの会社を買い受ける」と打診しますが、アランはその話しに興味を示さないのでした。

その頃、ファインTD社長の滝本は「あけぼの」の新見会長に声を掛け二人だけの席を設け、「あけぼの」が傷を付けずに経営難を乗り切る資金調達と、プラザグループが本来欲しがっているレーダー技術の獲得、そして滝本自身が求める「あけぼの」の伝統と信用を共に分け合う事を提案し、本来「あけぼのは会長の会社であるのだから」と持ち上げて「今後のあけぼのの未来は会長が決めるべきだ」と告げるのです。

一方、あけぼの製のホストコンピューターが海外でダウンしたと言うニュースが流れます。そのニュースを見た鷲津は「始まったか」と呟きます。明らかにプラザグループが「あけぼの」の株価を下げる為に仕組んだ事でした。

それからサムライファンドとファインの壮絶な株式争奪戦が始まります。お互いになり振り構わず株を買い集めて拮抗状態となります。状況を心配して現れた芝野に、鷲津はある情報を教えます。それは日本ルネッサンス機構と言う、政府が企業の支援を行う名目で立ち上げた組織の事でした。鷲津が差し出した資料に目を通す芝野は、ある人物の名前が特別顧問として記載されている事に気付き驚きます。銀行時代の上司、飯島亮介だったのです。飯島は鷲津との戦いに敗れ、銀行を去る事になった人物でもあります。

そして二人は飯島に会う事にします。鷲津は「ファイン」と「あけぼの」の話しを出し「あけぼの」のレーダー開発部を日本ルネッサンス機構に買い取ってもらいたいと言うのです。政府系の日本ルネッサンス機構が乗り出せば、アメリカも手を出しにくいだろうと言う思惑でした。鷲津は飯島に「あなたにとっても旨味のあるビジネスです」と説明しますが、飯島は即答はしませんでした。

その後、鷲津はホライズンのアランの元を訪ねます。鷲津は既にホライズン本社との話しをまとめ、1200億円で投資先の企業をまとめて買い取る事になっていました。その契約書と代金を支払いに来たのでした。サインを求める鷲津でしたが、アランは「急ぎの電話が」と言ってどこかへ電話を掛け出します。電話に出た女性は「日光みやびホテルです」と答えます。その声は松平貴子でした。アランは「期限を過ぎたので株の売却が完了した」と告げます。松平は一週間の猶予を頂いたはずだと話しますが、アランは「そんな事言いましたっけ?」と曖昧な答えを返します。アランは「恨むなら鷲津前社長を恨んで下さい」と言って電話を切ります。

アランは本社の意向を出し抜き、明らかに鷲津に対する嫌がらせを行ったのです。鷲津は1200億の契約書を破り捨て「勝者はいない、どちらも負けだ」と告げて出て行きます。

「あけぼの」では役員会議が開かれ、諸星社長からホストコンピューターダウンの報告が行われ、ウィルスが原因だった事を伝え、あけぼの製のコンピュターには何ら問題がなかった事が報告されます。すると新見会長から緊急動議として諸星社長の解任が提案されます。何も聞かされていなかった諸星は驚きますが、既に役員への根回しは終わっていて、発議は議決されてしまいます。そして新見会長は「近く、あけぼのはファインと統合する」と告げるのです。さすがにこれを聞いた役員の中に動揺が走りますが「あけぼのの未来は私が決める」と言う新見会長に逆らう者は誰もいませんでした。

その事を知らされた芝野は新見会長に歩み寄り「あなたは会社を私物化して恥ずかしくないんですか?」と話し「この会社をダメにしたのはあなたです。あなたにあけぼのの未来を創る事は出来ません」と告げ「口を慎め!」と答える新見に背を向けて立ち去ります。

しばらくして、あけぼのとファインが統合交渉に入っている言うニュースが流れます。そしてその話題がレーダー開発部の中で噂される中で、部長の中尾武が軽い脳梗塞で倒れます。病院の待合室にいた諸星と芝野の元へ現れた鷲津は「まだ終わっていない、手はある」と告げます。

鷲津は記者会見を開き、あけぼのへのTOBを仕掛けたのです。1.3倍のプレミア価格での買い付けを発表し、ファインとの統合への反対意思と、現在の経営陣へのNOを突きつける物だと話し「あけぼのにとって確かな選択とは何かを問う戦い、イクサです」と告げるのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)