AbemaTVのドラマ「星屑リベンジャーズ」第5話のあらすじとキャスト




2018年8月20日(月)夜11時から放送されたAbemaTVのドラマ「星屑リベンジャーズ」第5話のあらすじを紹介していきます。牧野隆也との交際が発覚し、SNSで批判を受けていた楠木春ですが、狙い通りそこからTRANSITIONが注目を浴び、クラウドファンティングの目標金額を見事に達成します。そして、牧野から信頼された楠木は業務提携することになりました。第5話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「星屑リベンジャーズ」のキャストと登場人物

本田響矢(役:小宮山陸)

登場人物
小宮山陸(こみやま・りく)トランジションのメンバーで現役大学生。育ちがよく、上品な振る舞いが出来るため主婦層からの人気が高い。密かに就職するべきか悩んでいる。

「星屑リベンジャーズ」第5話のあらすじ

あるイベントを訪れていた楠木春は人気オーガナイザーと会い、トランジションをイベントに参加させて欲しいと交渉します。たまたま空きが出ていた為、イベントに参加することに決まったトランジションですが、参加するメンバーの中に渡長プロダクションのアイドルグループ・リフレクトがいることで少し不安を抱きます。楠木は気にしなくていいと話し、イベントの持ち時間30分で4曲を披露することを考えていると伝え、みんなにレッスンに集中するように言います。

レッスンを終えたメンバーのうち小宮山陸と前沢太一が先に出ると、偶然リフレクトのメンバーの一人・直井哲平に会い、久しぶりに3人でご飯を食べに行きます。すっかり盛り上がってしまった3人は、その場にいた直井の知り合いの女性・ことみと合流し、その女友達と一緒に飲みに行くことになります。

次の日、トランジションとリフレクトのメンバーに乱暴されたとことみから訴えられたことで、せっかく決まっていたイベントの参加を断られてしまいます。トランジションの存続自体が厳しくなってしまった中、楠木はことみに示談するようお願いしますが、示談の要求には応じないと言われ、謝罪会見を開いて謝罪するように求められます。

ある日、トランジションのメンバーを集めた楠木は、不祥事を起こした二人には辞めてもらい、新メンバーを募ろうという話をします。しばらく黙っているメンバーをみて、楠木はその方向で進めようとしますが、結城史人を筆頭に逃げるのではなく闘いたいという思いを聞き、良かったと安堵します。楠木は闘う気持ちがなければこの勝負には勝てないと感じていました。みんなの気持ちが分かると、楠木はさっそく自ら小宮山と前沢が不祥事を起こしている映像をSNSに発信します。

最初はトランジションをバッシングするコメントが多く寄せられるのですが、楠木が裏アカウントを使って相手の女性に関してコメントし流れを変えると、今度は一斉に女性たちの方へ視線が向けられます。楠木はSNSを通じて沢山の人達に女性たちが何者なのか特定させることで、その女性たちが以前にも芸能人をネタに荒らしていることが分かり、トランジションは世間から加害者ではなく被害者として認識されます。そのことで冤罪は見事に晴れ、トランジションは再びイベントに参加出来ることになったのです。

そして、今回の不祥事はイベントを告知する為のヤラセだったかのように見せ、広告費をかけずに宣伝することに成功します。全てを都合の良いように覆すことに成功した楠木は、渡長秀一郎の元へ同じイベントに参加させてもらう礼儀として挨拶に行きます。渡長はそんな楠木に、調子に乗ると後で必ず痛い目を見ることになると忠告します。

一方、渡長の部下の羽鳥龍は、イベントのオーガナイザーにあるお願いをしていました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)