NHK大河ドラマ「西郷どん」第31話のあらすじとキャスト




2018年8月19日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第31回「龍馬との約束」のあらすじを紹介していきます。京へ戻った吉之助は、朝廷と幕府を引き離す為に岩倉具視の力を借りようとしますが、既に今の岩倉には以前の様な力はありませんでした。しかし岩倉の志に感服する吉之助は岩倉を励まし続けます。そんな時、天子様から許しが出た事を伝えに岩倉の息子、周丸が現れます。岩倉は天子様の近くに戻れる事を心から喜びます。岩倉と共に動き出す吉之助は、この先どんな活躍を見せる事になるのでしょうか?第31話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

笑福亭鶴瓶(役:岩倉具視)

登場人物

岩倉具視(いわくら・ともみ)岩倉具視なくして明治維新はなかったと言える程の中心的人物で、下級の公家から孝明天皇の信頼を得る地位にまで上り詰めるほどの策謀家。西郷吉之助や大久保一蔵らと協力し、幕府を倒す事になる。

「西郷どん」第31話のあらすじ

ある日、吉之助は勝海舟が尋ねて来ていると言う知らせを受けます。駆け付けた吉之助は小松帯刀に対して「そのお方は勝様ではなく、坂本龍馬殿です」と話します。龍馬は吉之助の前に座り、厳しい薩摩のお屋敷に入れてもらう為に勝先生の名前を使わせてもらった事を素直に話して謝ります。勝は今、江戸で謹慎の身にあり海軍操練所も取り潰しになり、脱藩した土佐にも戻れずにいた坂本は「自分を買って貰えないだろうか?」と吉之助に話すのです。

しばらくして西郷家では吉之助の帰郷の知らせを受けて、家族が帰りを待ちわびていました。その時、吉之助が戻って来ますが坂本龍馬も一緒でした。その日は降り止まぬ雨で、家の中の雨漏りが酷い状況に龍馬は驚きます。「今や日本でその名を知らない人がいない程の薩摩の英雄なのに、何故こんなに酷い家に住んでいるのか」と尋ねると、家族はみんなで「周りに困っている人がいると放っておけない性格なので・・」と答え、坂本は「気に入った!」と話し「お前はいい男だ」と言って、雨漏りの修理を始めます。

吉之助は「日本の雨漏りを治したい」と話しだし「幕府を潰したい」と言うのです。坂本は「こんな日本を早く抜け出して、船に乗って異国との商いをしたい」と話します。すると吉之助は「薩摩に坂本様の力を貸して欲しい」と頼みます。

その頃一橋慶喜は、二度目の長州征伐実現の為、諸藩に圧力を掛けて行きます。

一方の薩摩では、吉之助が殿と国父に対して「幕府の命に薩摩は従わない方が得策では」と願い出ます。すると国父・久光は「案ずるな、我々は幕府を見限る事にした」と話します。大久保一蔵から様々な事を聞かされ「今こそ亡き斉彬公を超える時です」と言われた久光は、既にそう決断を下していたのです。

すると吉之助はもう一つの願いとして坂本龍馬をその場へ呼び寄せます。坂本を海軍操練所で勝海舟の元、塾頭を務めていた人物で、軍艦を巧みに操る事ができ、薩摩の海軍を立て直すには必要な人物だと話します。すると坂本は海軍だけで無く、船を一隻貸してもらえれば商人として長崎で異国から銃や大砲を幕府に怪しまれる事無く沢山仕入れる事が出来ると話します。そして「薩摩で私を買ってもらえないでしょうか?」と国父と殿に願い出るのです。

その後、吉之助と一蔵は長州と手を組む事について意見が分かれます。一蔵は、あの過激な長州が今更薩摩と手を組むとは思えなかったのです。それを聞いた坂本龍馬は「自分ならそれを可能に出来る」と言い出します。そして「自分が長州に行き、桂小五郎を説得する」と言うのです。吉之助は「もし上手く話しが進めば自分もすぐに後を追う」と話します。

坂本は次の朝、まだ夜が明け切らぬ内に長州へと旅立ちます。その事に気付いた吉之助の妻・糸は、坂本に向かい声を掛けます。坂本は糸に「薩摩の宝は、サツマイモ、桜島、西郷吉之助だ」と話し、それを聞いた糸は嬉しそうに頭を下げて坂本龍馬を見送ります。

一月後、一蔵は京の岩倉具視を訪ね、二回目の長州征伐を止める為に動き出します。岩倉から様々な公家達に対しての手紙を預かり届ける事になります。その中にある中川には気を付ける様に岩倉は忠告します。手紙を受け取った中川宮は「出来る限りの力添えはさせてもらいます」と答え、一蔵が懐からさし出そうとする金子を断ります。一蔵はいつも金子を求める岩倉と比べて、まともな人物だと思い込みます。

その頃、下関の白石邸では、坂本と桂が会っていました。そして「銃や大砲、そして軍艦はいらないか?」と訪ねます。元々、幕府からの命で、長崎の商人に対して長州にだけは売ってはならないと言う指示が出されていましたが、坂本は「薩摩の協力で船を使い、武器を仕入れて長州に売る事が出来る」と話すのです。桂は薩摩の力を借りる事は屈辱以外の何物でもないと感じていたので、その話しをすんなりと受け入れる事は出来ません。しかし坂本は「そんな事に拘っている場合では無い」と話し「薩摩を憎んでも西郷吉之助を憎むのは止めるべきだ」と言って説得するのです。

そして説得に成功したと言う連絡は、急ぎ薩摩の吉之助の元へと届きます。吉之助が急いで長州へ向かおうとした時、京の大久保からも知らせが届きます。そこには「明日にでも長州征伐の勅命が下される事になりかねない状況なので、京へ来て力を貸して欲しい」と言う内容でした。

吉之助は鶴丸城へ行き、大山と有村にこれまで内密に進めていた事を話し「自分の代わりに長州へ行って欲しい」と頼みます。大山は断りますが有村は「自分が行く」と言って引き受けます。そして吉之助は京へと向かいます。

京へ着いた吉之助は、諸藩の者達と共に二条城へ集められます。そして一橋慶喜から天子様のお言葉として「長州征伐は日本国の重大事なので軽々しくしてはならぬ」と告げられるのです。吉之助と一蔵は、安堵しながら廊下を歩いていると、慶喜が向こうからやってきます。二人は控えて頭を下げると、目の前で立ち止まった慶喜が「お前が大久保か?お前の働きは俺の所までよく聞こえて来るぞ」と話します。そして、中川宮に渡した手紙を突き付けられるのです。そして「お前らの動きは筒抜けじゃ」と話し「薩賊が朝敵となりふり構わず手を組むとはな」と呟くのです。そして「徳川の世をこれ以上汚すな」と告げて立ち去ります。

吉之助と一蔵はいつもの宿・鍵屋へと入ります。すると誰かがずっと待っていると言われます。部屋へ行くと坂本龍馬が待っていました。坂本は、吉之助が約束を違えた事に怒りを募らせていました。

吉之助は、手紙を出した事を伝えますが、その手紙は坂本の元へは届いていませんでした。有村は吉之助を騙し、手紙を渡しには行かなかったのです。

坂本は「桂さんがどんな気持ちで西郷さんに会う事にしたのか、その気持ちがわからんかったのか?」と吉之助に尋ねます。そして「西郷さん、あんたは信用も義理も人情も、すべてを失った」と告げるのです。

吉之助は自分の考えの甘さを悔い、もう一度桂小五郎に会うと決めます。そして一蔵もその事をとことん応援すると覚悟を決めるのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)