フジテレビのドラマ「グッドドクター」第7話のあらすじとキャスト




2018年8月23日(木)夜10時から放送されたフジテレビのドラマ「グッドドクター」第7話のあらすじを紹介していきます。新堂湊は久しぶりに父と再会し、父が自分を受け入れてくれたと思っていた矢先に再び裏切られ傷つけられます。瀬戸夏美はそんな新堂に生き残った意味を伝え、医師になることを応援します。司賀明もそんな新堂を影で支え続けていたのですが、胃がんのステージがかなり進んでいるのでした。第7話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「グッドドクター」のキャストと登場人物

中村ゆり(役:東郷美智)

 

登場人物

東郷美智(とうごう・みち)東郷記念病院の理事長。高山誠司と交際していたが、病院を守るために小児外科廃止という方向を選び、高山に別れを告げる。前理事長の娘で淡々とこなすもこれといって取り柄もなく、ただ副院長の猪口隆之介に言われるがまま動いている。

 

「グッドドクター」第7話のあらすじ

保育士をしている倉田菜々子は、かつて担当医だった瀬戸夏美の元を訪れます。倉田は同じ保育園で保育士をしているの馬渕健太郎からプロポーズされ、過去に2つあるうちの1つの卵巣を摘出したことを自分の口から説明できず、瀬戸から説明して欲しいとお願いします。

瀬戸は快くお願いを聞き入れ、後日倉田と一緒に病院を訪れた馬渕に手術のことを説明します。馬渕は倉田に子供が出来にくい身体だということを知り、それでも気持ちは変わらないと言って倉田を安心させます。そんな幸せな中にいる倉田ですが、ある日急な頭痛に襲われそのまま緊急入院することになりました。

原因を探るために検査入院することになった倉田ですが、脳に異常が見つからず瀬戸は次第に不安になっていきます。

東郷美智から司賀明がガンなのではないかと聞いた高山誠司は、直接本人に確認します。司賀は自分のガンのことは話さず、もし亡くなったら新堂湊のことをよろしくお願いしますと高山に託します。

様々な検査をした結果、倉田の頭痛の原因が卵巣の可能性があることが分かり、瀬戸は本人にそのことを告げます。倉田は赤ちゃんが産めなくなるかもしれないと分かると、瀬戸を責めるように嘆き悲しみます。

ある日、高山は副院長の猪口隆之介に小児外科をなくさないで欲しいと頭を下げます。猪口はその話を聞き入れようとはせず、そのまま通り過ぎて行きます。

一方、瀬戸は馬渕に呼ばれ話を聞いていました。馬渕は子供が出来ないかもしれないと聞き、本音でいうと迷っていることを話します。

そんな中、倉田の頭痛の原因が卵巣だったことが分かり、悪性だった場合は命に関わるため全摘出しなければならなくなりました。倉田は瀬戸にそのことを馬渕に伝えて欲しいと頼みます。そして、瀬戸は倉田に頼まれた通りに馬渕にそのことを話し、倉田から預かっていた婚約指輪を馬渕に返します。

新堂は病気が治るのになぜみんな悲しい顔をしているのかが分かりませんでした。

手術当日、倉田の卵巣は悪性だったことが分かり、全摘出手術が行われます。新堂は司賀から医師には治せない病もあると聞き、馬渕のところへ行って倉田を治せるのはあなたしかいないと告げます。馬渕はやっと迷いがなくなり、倉田の元へと駆け寄ります。

手術を終えた倉田が目を覚ますと、左手の薬指に返したはずの婚約指輪がはめられていました。驚く倉田ですがすぐそばに馬渕がいることで安心し、二人は夫婦として互いに支え合うことを誓います。手術中に体外受精できる可能性があることに気づいた新堂のおかげで、倉田はまだ赤ちゃんを産める可能性が見えてきました。

新堂のおかげだと喜ぶ瀬戸ですが、新堂は中島仁のおかげだと話します。新堂のことをなかなか認めようとしなかった中島ですが、そんな新堂の人柄に負け、やっと心を通わせます。そんなみんなの様子を見ていた高山は、複雑な顔を浮かべていました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)