TBSテレビのドラマ「チア☆ダン」第7話のあらすじとキャスト




2018年8月24日(金)夜10時から放送されたTBSテレビのドラマ「チア☆ダン」第7話のあらすじを紹介していきます。顧問の漆戸太郎が重傷を負い、しばらく顧問不在になってしまったロケッツのメンバーたちは、チアリーダー部のメンバーが加わったことでさらに団結力が増し、反対する保護者に納得してもらえるように訴えかけ、教頭の桜沢伸介が顧問代理になったことで廃部の危機を乗り越えることが出来ました。第7話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「チア☆ダン」のキャストと登場人物

佐久間由衣(役:桜沢麻子)

登場人物

桜沢麻子(さくらざわ・あさこ)福井西高校のチアダンス部ロケッツのメンバー。父が教頭の桜沢伸介ということもあり、生徒会役員を務めるほど優秀で学力が高い。予備校に通いながら自らやりたいと志願し、チアダンス部に入部した。

「チア☆ダン」第7話のあらすじ

2019年・春、ロケッツ結成から9ヶ月が経ち、藤谷わかばは3年生になっていました。ロケッツのメンバー達は、北信越チャレンジカップに向けて日々練習をしていました。

顧問代理をしている教頭の桜沢伸介は、勉強と睡眠、チアダンス以外に時間を使っている暇はないと言い、チアダンス部はジェッツと同様に恋愛禁止だとみんなの前で発表します。そんな中、桜沢麻子は2年生の水嶋弘樹から告白とも取れる手紙をもらいます。

一方、榎木妙子は中華料理屋を営んでいる父がぎっくり腰になってしまい、慌ててお店の手伝いをしに帰ります。次の日、榎木は放課後の部活動に参加できなくなったことをみんなに伝えます。榎木の母は体が弱く、父の代わりが出来るのは娘である榎木しかいませんでした。そのことを知っていたメンバー達は、心良く了承します。そして、榎木のために昼休みの練習を増やしたり、休日の練習で遅れている榎木のためにグループ練習も増やしていきます。

一方、桜沢は水嶋が美術部で、ロケッツの横断幕のデザインを考えてくれたことをきっかけに、水嶋とラインで連絡を取り合っていました。水嶋とのラインが楽しくなってきた桜沢は、つい水嶋のことを考えてしまいチアダンスに打ち込めずにいました。

そしてある日、チャレンジカップまであと10日ぐらいのところで、他のメンバーにかなり遅れている榎木のことが気になり、稲森望はこれでは優勝できないと言い出します。そんな会話を聞いてしまった榎木は、自らチャレンジカップに出場することを諦め、メンバーから抜ける決断をします。

榎木が抜けることに違和感を感じたわかばは榎木を止めようとしますが、他のメンバーは優勝するためには仕方がないことだとわかばを止めます。榎木のこともあり、自分も中途半端には出来ないと思った桜沢は、水嶋と連絡を取り合うのをやめます。

一方、わかばは入院している漆戸太郎に相談に行き、そこで何かを手に入れるためには何かを捨てなければならないという助言をもらいます。そして、わかばは部室に集まっているみんなに、やっぱり榎木が抜けるのはおかしいと言います。そして、メンバーの誰かが何かあるたびに切り捨てるのではなく、何があっても良いようにしておくことを考えなければならないのではないかと話します。

そして、榎木が練習に出られるようにお店の手伝いを当番制にしようと告げるのです。わかばの提案に賛同したメンバー達は、早速榎木が練習できるようにみんなで協力し始めます。

チャレンジカップ当日、ロケッツはステージの上に立ち、みんなで最高のダンスを披露します。そして、優勝することが出来たロケッツのメンバー達はみんなで喜び合います。ロケッツが優勝したことを妻から聞いた漆戸も、自分のことのように喜び再びリハビリへの意欲が湧いてくるのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)