フジテレビのドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」第8話のあらすじとキャスト




2018年8月27日(月)夜9時から放送されたフジテレビのドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」第8話のあらすじを紹介していきます。田村薫が亡くなってから再び未然犯罪捜査班が動き出します。最初は再開を反対する南彦太郎ですが、犯罪者から少年を救えたことでミハンの必要性を感じます。井沢は妻子の命を奪った宇佐美が出所すると聞き、会いに行ったのですが一体どんな目的があるのでしょうか。第8話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」のキャストと登場人物

マギー(役:早川誠二)

登場人物

早川誠二(はやかわ・せいじ)捜査一課の刑事。未然犯罪捜査班の存在は知らないが、井沢範人が公安時代に妻子の命を奪われ、その犯人に罪を認めさせられなかったことを悔やんでいる。

「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」第8話のあらすじ

今回ミハンシステムが危険人物として割り出したのは砂田繭美。砂田は市役所の戸籍住民課の公務員で、違法に銃を手に入れていました。1週間後に結婚を控えていた砂田は、2年前に整形した過去がありました。しかし、元の顔も綺麗な顔立ちをしていることから、整形した理由を調べ始めます。

そして、井沢範人と夫婦のフリをして砂田と接触した小田切唯は、砂田と連絡先を交換し翌日ランチの約束をします。砂田の夫になる神谷統一郎の父が病院の理事長ということもあり、立派な家に招待された井沢と小田切は、そこで砂田と神谷、義父がいる席で一緒に食事をします。

すると、突然庭の窓ガラスが何者かによって割られ、ゲス女と書かれた手紙と共に石が投げ込まれます。そのことを神谷は、以前から砂田に付きまとっているストーカーのせいではないかと言うのでした。

その頃、以前上司だった長島秀夫が山内徹を訪ねて資料課を訪れていました。そして山内に会った後、長島は井沢にも会っていました。

砂田のことを調べていくうちに、3年前に砂田が恋人の高瀬康太を事故で亡くしていることが分かります。建築現場の落下事故によって亡くなっていた高瀬の心臓は、神谷に心臓移植されていました。そして、その手術をした都築洋平はすでに除名されており、ある日砂田を拉致します。

小田切と山内が現場に駆けつけ、都築を確保すると砂田と都築の関係が明らかになります。砂田と都築は以前不倫関係にありました。そして、砂田は都築と別れると同時に都築が裏金をもらっていたことをマスコミにリークし、都築を医師として働けなくしたのです。その理由は、神谷の心臓移植にありました。

高瀬が事故にあった時、頭部の損傷がひどかったにも関わらずわざと放置させたことで脳○と判断されていました。その行為が理事長の指示で行われていたことが判明し、そのことを偶然知った砂田は顔を変え、神谷の父から息子を奪おうとしていたのです。

砂田は結婚式当日、純白のドレスを着てバージンロードを歩きながら神谷に銃を向けます。そこへミハンのメンバー達が現れ、神谷を守ります。しかし、全てを知った神谷は逃げずに砂田と向き合います。砂田は神谷を撃つのですが、事前に銃の弾を抜いていた井沢のおかげで不発に終わります。

神谷は自分の移植のことを疑問に思い、興信所に調べてもらっていました。そのことで父の不正を知り、砂田の復讐のことも全て知っていました。神谷は自ら毒物を飲み、砂田の代わりに父に復讐をします。そんな神谷を見て復讐する気持ちがなくなった砂田は、神谷を助けて欲しいと泣きながら訴えるのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)