日本テレビのドラマ「高嶺の花」第8話のあらすじとキャスト




2018年8月29日(水)夜10時から放送された日本テレビのドラマ「高嶺の花」第8話のあらすじを紹介していきます。風間に酷い事をしてまで月島の次期家元になる事を決意したモモでしたが、市松が宇都宮龍一と組んでナナにまで苦しい思いをさせた事実を知りショックを受けます。ナナもまた市松の企てにより母・ルリ子と宇都宮龍一に憎しみを抱きます。爼上で対決する事になる二人の行く手に何が待っているのか?どちらが次期家元になるのでしょうか?第8話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「高嶺の花」のキャストと登場人物

十朱幸代(役:笠間節子)

登場人物

笠間節子(かざま・せつこ)風間直人の母親で、直人にとっては最愛の母。体が不自由になってからは直人の介抱を受けながら最後を迎えて行く。直人に人の気持ちについて教え、直人は常に母の言葉を思い出す。

「高嶺の花」第8話のあらすじ

神宮兵馬が花を生ける姿を見ながら、もう一人の自分を取り戻そうとしていたモモは、神宮から高嶺の花として生きていく覚悟が出来ているのかと尋ねられます。

一方、図書館で新庄千秋と偶然再会した風間直人は、新庄と一緒に今村佳代子のお店に行き、お昼ご飯を食べていました。風間と一緒にいる新庄のことが気になった友人たちは、新しい彼女なのかと騒ぎます。

次期家元を決めるため、技量を見極める俎上の日。月島市松の提案によってモモとナナが生ける姿は誰も見ず、生けられた花のみを見て票を投じることになります。ナナは母に裏切られたことを思い出しながら恨みを込めて花を生け、モモは裏切った風間のことや新しく出会った神宮、父の市松のことを思い出しながら花を生けます。

その頃、風間は図書館で借りたいけ花入門の本を読んでいました。もう一人の自分が見えなくなったモモの為に、何かヒントを与えられればと思っていたのです。

与えられた猶予の時間がくると、市松と師範たちが花だけを見て表を入れていきます。どちらがナナの生けた花なのか判断出来ない師範たちは、それぞれ1票ずつ交互に入れていきます。その結果、最後に票を入れた市松によってナナが次期家元に選ばれます。

ナナはモモの方が優っていたのではないかと感じますが、市松はモモが勝つ為にはナナに1票も票を与えないぐらいの圧倒的なものでなければならないと言い、もう一度チャンスが欲しいというモモを突き放します。

後から二人の生けた花を見比べた神宮は、月島の終わりを感じます。

次の日、亡くなった母のお墓の前でずっと母に謝っていたモモは、何のために自分は生まれてきたのかと罵倒します。

狂ったかのように花を生け続けるモモのことが心配になったナナは、モモを後ろから抱きしめます。モモはそのことで神宮に抱かれることを思いつき、もう一人の自分を取り戻そうとします。

その頃、神宮の家元を狙っていた宇都宮龍一は、ルリ子にこれまでのことはすべて市松に言われて動いていたことだと打ち明けていました。

一方、自暴自棄になっているモモを止めるために、ナナは風間に助けを求めます。新庄の助けもあり、神宮の自宅にいるモモを迎えに行った風間は、神宮に今回は未遂に終わったことを聞かされます。

ベッドで横になっているモモを抱きかかえ、帰ろうとする風間は神宮にもう一人の自分は子供ではないかと尋ねます。大人になることで子供の自分は消えるため、一度消えたら二度と見えないのではないかと指摘し、モモをこれ以上騙さないで欲しいとお願いします。

風間はモモのために徹夜してもう一人の自分とは一体何なのかを考えていました。そんな風間が出した答えに驚く神宮は、一体何者なんだと尋ねます。風間はただのチャリンコ屋ですと答え、そのまま出て行きます。

エスカレーターに乗った途端目を覚ましたモモは、そこで風間と愛について話をします。外で待っていた高井雄一の車にモモを乗せると、風間は安心した顔をして別れを告げるのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)