フジテレビのドラマ「グッドドクター」第8話のあらすじとキャスト




2018年8月30日(木)夜10時から放送されたフジテレビのドラマ「グッドドクター」第8話のあらすじを紹介していきます。新堂湊が医師として成長する中、複雑な心境を分からない新堂は素直に心の病は大切な人にしか治せないと感じ、患者の婚約者に直接会って話をしていました。そんな新堂のことをずっと医師として認めていなかった中島仁も心を開き、小児外科はチームとして深まりつつあるのですが、そんな小児外科はなくなってしまうのでしょうか。第8話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「グッドドクター」のキャストと登場人物

板尾創路(役:猪口隆之介)

登場人物

猪口隆之介(いのぐち・りゅうのすけ)東郷記念病院の副院長。経営が悪化している病院を立て直そうと動き回るが、その裏には院長を辞めさせたいという思いがある。小児外科をなくし、高齢者のための病院に変えようとしている。

「グッドドクター」第8話のあらすじ

早見香織は次男の陽翔の病気を高山誠司に診てもらう為に、夫を残して長野から長男の翔太と共に上京し、陽翔の看病と翔太の世話をしていました。香織は看護疲れから階段を踏み外し、頭を強く打ってしまいます。

東郷記念病院に運ばれた香織は、脳に異常はなかったものの陽翔には心配をかけたくないと、陽翔に入院していることを黙っておくように瀬戸にお願いします。

陽翔は今度の日曜日に外出したいと瀬戸にお願いしていました。検査の結果、外出するのは難しいと判断した瀬戸は、陽翔に外出は出来ないと返事をします。家族が寂しがっていると感じ、どうしても日曜日に花火を一緒に見に行きたいと思っていた陽翔は、香織にわがままを言って困らせます。

そんな陽翔を見ていた兄の翔太は我慢できなくなり、お前のせいで周りがどれだけ迷惑しているのか分からないのかと叫び、香織が帽子で隠していた頭の怪我を見せ、陽翔のせいでこうなったと伝えます。陽翔は泣き出し、翔太は病室を出ていきます。

そして、翔太を追いかけてきた香織に、どうして陽翔の為に犠牲にならなければいけないのかと訴えます。陽翔の為に長野に引っ越してきたことで転校させられた翔太は、誰も自分の気持ちを考えてくれないと感じていたのです。

ある日、陽翔は口から出血します。しかし、これ以上迷惑をかけたくないと感じていた陽翔は、そのことを香織に隠します。一人でトイレに行き、そのまま倒れてしまった陽翔に気づいた新堂湊は、急いで処置室に連れていきます。

緊急手術が必要だった為、高山を呼ぼうとしますがその時高山は他の手術をしていました。どうするべきか困っていた瀬戸に、新堂は間宮啓介を呼びにいきます。

前日、猪口隆之介に裏切られた間宮は、屋台で酔っ払っているところを新堂に話しかけられ、愚痴を聞いてもらっているうちに新堂が自分のことを医師として尊敬してくれていることに気づき、自分でも忘れていた手術の感覚を取り戻します。

そんな新堂との間に何かが芽生えた間宮は、いつもなら断るところを高山の代わりに手術することを承諾します。

手術に入る前に翔太に電話した新堂は、陽翔の命が危ないことを知らせます。翔太はすぐに動こうとはしませんが、陽翔のことを思い浮かべると、走って病院に向かいます。

その後、手術は無事成功し、高山は間宮にお礼を言います。難しい手術を無事成功させることが出来た間宮は、失っていた自信を取り戻します。そして、新堂が間宮先生みたいになりたいと言っているのを聞き、いつの間にか新堂のすることに賛同するようになっていきます。

翔太に頼まれ、陽翔にどうしても花火を見せてあげたかった新堂はみんなにお願いし、屋上で花火をしても良いという許可をもらいます。そのことで久しぶりに家族4人が集まり、花火をすることが出来た陽翔と翔太は、来年も花火をする約束をするのでした。

ある日、新堂が担当している森下伊代が急に意識を失い倒れてしまいます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)