テレビ朝日のドラマ「ハゲタカ」第7話のあらすじとキャスト




2018年8月30日(木)夜9時から放送されたテレビ朝日のドラマ「ハゲタカ」第7話のあらすじを紹介していきます。絶対的不利な状況からあけぼの買収を勝ち取った鷲津は、次のビジネスに動き出します。そんな中で、助ける事が出来なかった日光みやびホテルも、新たなオーナーとその経営方針の下で再スタートを切る事になります。松平貴子もまた戦い続ける事を選択したのです。松平貴子は鷲津と約束した通り、日光みやびホテルを守り続ける事は出来るのでしょうか?そして鷲津はそれを見届ける事が叶うのでしょうか?第7話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「ハゲタカ」のキャストと登場人物

杉本哲太(役:佐伯宗徳)

登場人物

佐伯宗徳(さえき・むねのり)ホライズンジャパンの社員で、各方面に情報源を持ち鷲津の調査機能を支える存在。鷲津がホライズンジャパンを解雇された事で、その後を追ってサムライファンドへ移籍し再び鷲津を支えて行く。

「ハゲタカ」第7話のあらすじ

2018年夏、サムライファンドの鷲津政彦は大学で特別講師として経済の話をしていました。講演が終わり、帰ろうとする鷲津をスペース・フロンティア・ジャパンの天宮光一が引き止めます。

一方、日本ルネッサンス機構の会長になっていた飯島亮介は、帝都重工の謝罪会見をテレビで観ていました。帝都重工は関連会社でデータ改ざんが発覚し、巷で話題になっていたのです。

ある日、飯島は芝野健夫に電話し、帝都重工の件でお願いしたいことがあると告げます。芝野は経協連の西澤則之から帝都重工を立て直して欲しいと頼まれ、芝野自分だけの力では足りないため、鷲津と共にさせて欲しいと言います。

その頃、鷲津はスペース・フロンティア・ジャパンに出向き、天宮から何をしている会社なのか聞いていました。帝都重工の子会社になったことで無人探査機の研究費用を出してもらえず、自費で開発を進めていた天宮は鷲津にスポンサーになってもらい、独立したいと考えていました。鷲津は一通り説明を受けると、そこへ芝野が現れます。

芝野と共に会社を出ようとすると、天宮は夢を叶えるために助けて欲しいとお願いします。鷲津はそんな天宮に、宇宙ベンチャーというものに興味はあったが、夢という言葉を使う人間に実現できる可能性はないと伝えます。

その後、芝野と帝都重工を訪れた鷲津は、そこに飯島が同席していることに驚きます。帝都重工の社長・真壁達臣がいる中で、飯島は鷲津に帝都重工を買収して欲しいと頭を下げてお願いします。鷲津は返事を保留にし、芝野に誘われ屋台に行きます。

そこで芝野はこれが最後の仕事になると話し、帝都重工が倒れると日本経済が危ないのではないかと言い、孫の写真を鷲津に見せます。芝野は最後に社会貢献がしたいと考えていたのです。

ある日、飯島は日光みやびホテルの社長・松平貴子に会いに行き、支援という形で独立のお手伝いをしたいという話をしていました。

一方、帝都重工は内部告発により、不正会計が明らかになります。そんな中、鷲津から連絡をもらった芝野は、不正会計を告発した人物に会わせて欲しいと頼みます。鷲津はその事で告発は上の指示でやった事だと見抜き、会社を守るために社員を犠牲にするやり方に、腐り切った会社だと罵ります。

その後、飯島がなぜ買収の話を持ちかけたのかが分かると、鷲津はサムライファンドを辞めると告げ、飯島と真壁のいる料亭に乗り込みます。そして、帝都重工を買収しないと言い、その代わりに自分を社長に就任させ、芝野も役員として入れるように提案します。

それからしばらくして鷲津は帝都重工の社長に就任し、サムライファンドの社長に佐伯宗徳が就任します。鷲津の希望通り芝野は帝都重工の再生担当執行役員に就任し、早速鷲津の元へ松平が訪れます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)