TBSテレビのドラマ「チア☆ダン」第8話のあらすじとキャスト




2018年8月31日(金)夜10時から放送されたTBSテレビのドラマ「チア☆ダン」第8話のあらすじを紹介していきます。練習に来られなくなった仲間を切り捨てるのではなく、どうすればその仲間が一緒に練習することが出来るのかを考えたロケッツのメンバー達は、無事みんなで北信越チャレンジカップに出場し、優勝することができました。第8話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「チア☆ダン」のキャストと登場人物

志田彩良(役:蓮実琴)

登場人物

蓮実琴(はすみ・こと)福井西高校のチアダンス部・ロケッツのメンバー。日本舞踊の家元の娘で、大人しくあまり感情を表に出さなかったが、チアダンス部に入ってからちゃんと思ったことを発言できるようになっている。

「チア☆ダン」第8話のあらすじ

2019年7月、3年生の藤谷わかばは高校生活最後の夏を迎えていました。9月に関西予選大会を控えており、毎日のように練習に励んでいる中、藤谷は進路志望を聞かれ、自分にはチアダンスで全米制覇すること以外何の希望もないことに気がつき、親や先生から心配されます。

ある日、母と離婚した父に東京まで呼び出された桐生汐里は、アメリカに転勤することになった父から、一緒にアメリカに行かないかと誘われます。以前からアメリカ留学が夢だった桐生ですが、母と別れてから一切連絡をしてこなかった父を許せずその誘いを断ります。

その後、桐生は男性二人に絡まれている女子高生を発見します。

ある日、桐生が暴行事件を起こしたとしてネット上で噂が広まります。そのことを知ったチアダンス部のメンバー達は、桐生に事実を確認しようとしますが桐生は何でもないと言って、みんなに説明しようとはしません。

その後、警察に被害届が出され、そのことで福井西高校にも連絡が入ります。桐生のスマホに直接法律事務所から連絡が入ると、桐生はこのままではロケッツが大会に出られなくなるかもしれないと恐れ、チアダンス部を辞めることを決意します。

桐生は父とアメリカに行く為だとみんなに話し、誰にも本当の気持ちを話そうとはしないのでした。桐生の様子がおかしいことに気づいた柴田茉希は、桐生と直接話します。桐生が始めたロケッツなのに、桐生が抜けるのはおかしいと伝える柴田ですが、それでも何も話そうとしない桐生はそのまま何も言わず去ってしまうのでした。

栗原渚は父と進路のことで喧嘩し、家出して藤谷の家でしばらくお世話になっていました。そこで藤谷あおいから助言をもらった藤谷と栗原はみんなを集め、桐生を呼び出します。

そして、藤谷は高校生活最後の大会を迎え、ロケッツとしてみんなと一緒に練習している中、このまま桐生を疑ったままで終わるのは嫌だと自分の思いをぶつけます。

藤谷の思いを知った桐生は、東京であったことをみんなの前で話します。男性二人に絡まれていた女子高生が、前にいた高校の後輩だと気づいた桐生はその女子高生を助けるために、自分が盾になって逃していました。逃したことで今度は桐生が男性二人に絡まれ、とっさに腕を振りはらうと男性一人を突き飛ばしてしまい、その男性が腕を痛そうにしている隙に桐生は逃げていました。その事で、相手の男性が被害届を警察に提出したのです。

しかし、桐生は自分から手を出していないとみんなに訴えかけます。そんな桐生のことを信じたロケッツのメンバー達は東京に行って警察に無実を証明しようと意気込みます。

そんなみんなの話を聞いていた桜沢伸介は、東京には僕と桐生の二人で行くと話し、他のメンバー達には練習に集中するように言います。

しばらく桐生は練習を休み、そのあいだ他のメンバー達は練習に励みます。そして、桐生の後輩が証言してくれた事で桐生の無実が証明され、桐生はようやくみんなと練習を再開することが出来ます。

関西予選大会当日、それぞれの思いが一つになり円陣を組んだロケッツは、ステージに向けて気合いを入れ合うのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)