フジテレビのドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」第9話のあらすじとキャスト




2018年9月3日(月)夜9時から放送されたフジテレビのドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」第9話のあらすじを紹介していきます。ミハンシステムが割り出した危険人物を追っている中で、資料課に山内徹のかつての上司・長島秀夫が訪れ、井沢範人とも会い未然犯罪潜入捜査について様子を伺っているようでした。長島が電話していた相手のカメとは、桜木泉のことなのでしょうか。第9話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」のキャストと登場人物

田中道子(役:板倉麻衣)

登場人物

板倉麻衣(いたくら・まい)捜査一課の刑事。早川誠とバギーを組み、綺麗だが真面目な性格からあまり男性と話すのに慣れていない。南彦太郎に秘かに好意を抱いている。

「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」第9話のあらすじ

未然犯罪捜査班は着実に成果を上げ、東堂定春は法制化に向けて進め始めます。そんな中、警視庁警護課の石塚辰也がミハンシステムによって危険人物として割り出されます。

警護課のエースである石塚は誰よりも優れた技能と能力を持っており、要人を守るはずの人物がなぜ犯罪を犯すのかミハンのメンバーたちは疑問に思います。

石塚が警護している様子の映像を流していた際に、桜木泉に似た人物が映っているのを発見した山内徹は、桜木が生きているかもしれないと言い出します。井沢範人は桜木が生きているのか疑問に思いながら、小田切唯と共に石塚を尾行します。

警護の仕事を終えた石塚のあとを追っていた小田切は、石塚に気づかれてしまいとっさに格闘技を教えて欲しいと嘘をつきます。道場で子供達に格闘技を教えていた石塚は、小田切を道場に招き入れます。

その頃、井沢と山内は石塚の自宅に潜入し、隠しカメラを設置すると国家公安委員長・滝本健三のスケジュール資料を発見します。井沢はその事で石塚のターゲットが滝本だと分かります。

石塚は殉職した同僚の刑事の代わりに格闘技を道場で教え、残された妻子と深い交流がありました。井沢たちは妻子の今の様子を確認しに行きます。すると、自宅の郵便受けに新聞が1週間ぐらい溜まっているのを確認し、周辺の防犯カメラを調べたところ、何者かに拉致されていた事が分かります。

井沢は石塚に会いに行き、直接本人と話しをします。石塚はある組織に拉致された親子を人質に取られ、滝本の命を奪わなければ親子の命はないと脅されていました。そんな状況を知った上で井沢は過去の自分の経験から、犯行をやめるよう言います。

しかし、石塚は大切なひとを助けたいと話し、井沢の話を聞こうとはしません。東堂は井沢に銃を携帯させます。

犯行当日、滝本の警護を任されていた石塚は機会を伺います。そして、石塚はこの車に爆弾が仕掛けられているらしいと嘘をつき、運転する同僚を近くの駐車場に向かわせます。駐車場についた途端石塚は同僚を眠らせ、滝本も眠らせます。

井沢は現場に駆けつけ、命がけで石塚を止めます。なんとか親子の居どころを掴み、助け出す事が出来たミハンのメンバー達は石塚にその事を伝えます。

山内は一人残り、親子が拉致されていた場所に置いてあったパソコンの中身をコピーしていました。すると、突然背後から殴られ意識を失います。

旅行会社と組んで金持ちの客たちを拉致し、身代金を要求するビジネスをしていた組織は山内を拷問し、知っている事を全てはかせようとします。それでも一向に話さない山内を銃で撃とうとした瞬間、桜木が現れ山内を助けます。

山内はもうろうとする意識の中で、桜木の存在を確認すると意識を失います。何も言わず桜木が立ち去ろうとすると、そこへ井沢が駆けつけます。

桜木は井沢に銃を向け、あなたはミハンに組み込まれた人間だと言うのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)