NHK大河ドラマ「西郷どん」第33話のあらすじとキャスト




2018年9月2日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第33回「糸の誓い」のあらすじを紹介していきます。幾度の困難を乗り越え、坂本龍馬の力を借りて遂に西郷吉之助と桂小五郎は再び信頼を取り戻し、薩摩と長州は世に言う薩長同盟の締結に至るのです。お互いに手を組み、倒幕へと歩みだす吉之助に対し、慶喜率いる幕府はどんな動きを見せるのでしょうか?第33話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

内田有紀(役:おゆう)

登場人物

おゆう(おゆう)京の芸妓で、大久保一蔵と出会いやがて一蔵の妾となり、命懸けで明治維新を牽引する一蔵を支え続ける。

「西郷どん」第33話のあらすじ

薩長同盟が結ばれて二日後の事、坂本龍馬が眠っていた伏見の寺田屋に大勢の役人が夜討ちを掛けに現れます。その気配を風呂に入っていたお龍が気付き龍馬に知らせ、お龍は吉之助に助けを求めて走ります。

龍馬は両手に深い傷を負ったものの、幸い命に関わる怪我では無く、そのまま薩摩屋敷にかくまってもらう事になります。しばらくすると吉之助は薩摩へ戻る事になったと話し、一緒に薩摩へ行ってはどうかと伝えます。龍馬は「お龍は自分の妻だから」と話し、一緒に連れて行く事になります。

吉之助が戻って来ると知らされた西郷家では、家族が吉之助の戻りを待ちわびていました。やがて吉之助と共に龍馬とお龍が帰って来ます。寺田屋での事を聞かされた糸は、お龍と違い自分が吉之助を遠くで心配する事しか出来ないと感じ塞ぎ込みます。

お龍は「京に来る諸藩の男達は皆、おなごの一人や二人は囲っている」と話し出し「何か心当たりがある顔じゃの」と川口雪蓬に言われた吉之助は「断じて俺にはおらん!」と答えますが、その言葉に大久保一蔵の妻・満寿は「俺には・・ですか?」と何かを感じ取ります。

その夜、龍馬は吉之助に対して自分を薩摩へ連れて来た本当の理由を尋ねます。すると吉之助は、イギリスの公使パークスを迎える事になった事を話し、パークスをもてなす為の知恵を借りたいと言うのです。幕府がフランスと親密になりつつある事を踏まえ、薩摩はイギリスと親密になろうとしていたのです。龍馬は快く承諾します。

一方の一蔵は、大阪城へと呼び出されます。そして、幕府から長州歳征伐の為の出兵命令が下されたのです。しかし一蔵は「今回の長州征伐には大義が無い」と話し断ります。ほどなく、幕府10万の軍勢が長州に向けて進軍を開始します。その知らせは、小松帯刀によって吉之助と龍馬の元へと伝えられます。

龍馬は、心配する吉之助に代わって長州の様子を見に行く事にします。翌朝早く、こっそりと長州に向かおうとする龍馬は、またしても糸に見つかってしまいます。龍馬は「お龍には内緒で行く」と話し「お龍の事をよろしく頼みます」と言って出て行きます。

すると、しばらくしてお龍が起きて来て、龍馬がいない事に気付き騒ぎ出します。そして糸に詰め寄り、長州に向かった事を聞き出します。お龍に龍馬と一緒にいる覚悟を聞かされた糸は、自分の羽織っていた着物を渡して、後を追う様に促します。お龍は「お互い、難儀な男に惚れたもんやな」と呟き「怖くてたまらないけど、一生惚れ通すしかないと思っている」と告げて出て行きます。

しばらくして、イギリス公使のハリーパークスが薩摩を訪れます。久光は毎日の様にパークスをもてなし、これで万事順調に進むと思われていたある日、パークスは激怒し薩摩を後にすると言い出したのです。しばらくして町では吉之助がイギリスの船に囚われたと言う噂が立ち騒ぎになります。しかし本当は吉之助が交渉する事を目的に、単身でイギリス船に乗り込んだのでした。

パークスは「藩主様にしか会わない」と吉之助に伝えて立ち去ろうとしますが、吉之助はパークスの前に立ちはだかり、命がけで交渉を願い出ます。するとパークスは「なぜ、宴会ばかりで重要な話しをしないのか?」と尋ねます。そして「お前達は何を求めているのか?」と言うのです。吉之助は「薩摩は、イギリスと協力しあう事を望んでいます」と答えます。

するとパークスは「なぜ国の王が将軍と天子様の二人いるのか?」と尋ねます。吉之助は「幕府はこれまで天子様の元で政を行って来たが、今は腐りきってしまっていて誰も幕府の言う事を聞かない」と話します。「この国はどうなっているのか?」と激怒するパークスは「誰と話せば交渉ができるのか?」と尋ねるのです。

吉之助は「薩摩です。薩摩が天子様の元でこの国をまとめて見せます」と答えます。パークスは「本当にできるのか?」と尋ね、吉之助は「この西郷がやります」と答えるのです。そして「パークス様、民をないがしろにする幕府のやり方には無理がある」と話し「それはイギリスでも同じではないですか?」と尋ねます。そして「いずれこの誤ちは、この西郷が正します」と告げるのです。

黙って聞いていたパークスは「やっと議論の出来る人物と会う事が出来た。私は西郷殿を信じる」と言うのです。二人は共に笑顔で握手を交わします。

心配して待つ糸の元へ吉之助が戻って来ます。その夜、二人きりになった吉之助は「何を怒っているのか?」と糸に尋ねます。糸は「私も腹を割って話しをしたい事があります」と吉之助に言い出します。そして「愛加那さんはどんな女性でしたか?」と尋ねます。吉之助は糸に「自分は一度命を落とした人間だ」と話し「愛加那は自分を再び生かしてくれた。愛加那はそんなおなごじゃ」と伝えるのです。

糸は、「よう分かりました」と答え「自分はそんな大切な女性に嫉妬していた事が恥ずかしい」と話し「この家を精一杯守って行こうと思っています」と言って「子供の頃から好きだったので、精一杯きばります」と伝えます。そして、一生惚れ通す事を誓うのです。

秋になり、吉之助は再び京へ上る事になります。吉之助を見送る家族の中にいた糸は、お腹の中に子供を授かった事を伝えます。吉之助は涙を流しながら喜び、家族に留守を頼んで出て行くのでした。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)