日本テレビのドラマ「高嶺の花」第9話のあらすじとキャスト




2018年9月5日(水)夜10時から放送された日本テレビのドラマ「高嶺の花」第9話のあらすじを紹介していきます。モモは次期家元の俎上でナナに破れ、亡くなった母のこともあり自暴自棄に陥ってしまいます。神宮兵馬に抱かれることでもう一人の自分を取り戻そうとしますが未遂に終わり、そんなモモを救ってくれたのは風間直人でした。風間はモモが見えなくなったというもう一人の自分は子供の頃の自分ではないかと見抜くのですが、二人の関係はこの先どうなっていくのでしょうか。第9話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「高嶺の花」のキャストと登場人物

大貫勇輔(役:神宮兵馬)

登場人物

神宮兵馬(じんぐう・ひょうま)神宮流の家元候補で、宇都宮龍一とは異母兄弟にあたる。人当たりの良い雰囲気をかもし出し、優しい表情でモモを見守るが、その裏側で何を企んでいるのか分らない。

「高嶺の花」第9話のあらすじ

新庄千秋は月島モモとは中高の同級生で、病院のお嬢様でした。モモに頼まれて風間直人に近づいた新庄は、看護師ではなく脳外科医の先生をしていました。

モモの自宅で心境報告をしていた新庄は、惚れそうだと冗談を言い、モモを驚かせます。モモはそんな新庄に、風間に早くハニートラップを仕掛けて欲しいと頼みます。風間がハニートラップにかかればスッキリ忘れられると思っていたモモは、新庄に本気で仕掛けて欲しいと催促するのでした。

ある日、神宮兵馬は風間に指摘された事をモモに伝えます。もう一人の自分とは風間の言う様に子供の頃の自分だと話す神宮は、一度見えなくなったら二度と見えないものだと伝えます。

一方、月島ナナは月島市松に、なぜ姉のモモが選ばれなかったのか納得のいく説明をして欲しいと頭を下げます。そこでモモが市松の本当の娘ではない事を聞かされ驚きます。

モモはマンションのエントランスに置かれていた風間が初めて生けた花を見て、葛藤しながらもそれを家に持ち帰ります。

ある日、神宮流の家元を決める俎上が行われ、6票のうち4票は確実に自分に入る様に仕向けていた宇都宮龍一は、何も知らない神宮を心の中で笑います。市松の代わりに現れたモモとナナは、市松の1票を託されていました。宇都宮は市松が自分との約束を守り、票を入れてくれるのか不安になり動揺します。

しかし、神宮が危篤の父なら弟の龍一に入れるだろうと言い、始める前に父の票を宇都宮に譲ります。その事で確実に勝てると感じた宇都宮は、心の中で花道をバカにしながら生けていました。ふと神宮の方を見た宇都宮は、凛とした姿勢でまだ生け終わらない弟を何も言わずただ待っている姿を見て、圧倒的に自分とは違う何かを感じます。神宮の生けた花は宇都宮が生けた花とは比べものにならないほど美しいものでした。

宇都宮に票を入れる約束をしていた家元達は、次元が違いすぎると言って神宮に票を入れます。その事で父の1票だけしか取ることの出来なかった宇都宮は、神宮に負けます。神宮はすでに父が亡くなった事をその場に居た人達に告げ、この場を持って自分が家元を襲名すると発表します。

すでに勝負はついていましたが、ナナは宇都宮に可哀想と言って市松から託されていた1票を入れるのでした。

その頃、風間と会っていた新庄は風間に本気で惚れそうになっている自分に驚きます。

次の日、宇都宮に会いに行ったモモは、そこで自分が市松の子供ではない事を告げられます。モモは宇都宮の言葉を信じられず、月島の俎上はデキレースだったと話す宇都宮に苛立ち、頬を叩きます。

その後、市松に事実を確認しに行ったモモは、市松の反応を見て自分が本当に市松の子供ではなかった事を確証します。モモは母親が誰かと不倫して出来た子供でした。スキャンダルを避けるためとはいえ、市松が実子として自分を育ててくれたことにモモは感謝し、その場から去ります。

その後、モモはキャバクラ嬢としてレギュラーで出勤する事を決め、モモがお店にいると聞いた風間は慌ててモモに会いに行きます。風間はそこでモモから出生のことを聞き驚きますが、モモがいつもより暴走していることが気になり、連れて帰ろうとします。

モモは風間と帰ろうとはせず、違う席にいる数人の男性客に話しかけ、風間のことをストーカーだと言います。そのまま数人の男性客に外へ連れて行かれた風間は、高架下のところで暴行されます。そこへ運転手の高井雄一が現れ、風間を助けます。

次の日、風間の自宅に風間が生けた花を取りに行った高井は、モモの本当の父であること風間に見破られます。風間は父であることをモモに打ち明けるべきだと話します。しかし、高井は父ではないと否定します。

一方、宇都宮の自宅を訪れたナナは、宇都宮に月島の家元にはならないと告げます。ナナは家元になるのはモモの方が相応しいと話し、宇都宮について行くと言います。そして、宇都宮を元の綺麗な男に戻してあげると伝え、二人は抱きしめ合うのでした。

その頃、モモのところへ風間が生けた花を届けた高井は、そこで自分が父であることを告げます。娘のそばに居たいと思った高井は、本部長からももの運転手になることを志願し、これまでずっとそばにいた事を伝えます。そんな話を急に聞かされたモモは動揺し、高井に目の前から消える様に言います。

モモは一人でうずくまっていると、新庄から電話をもらいます。その電話は会話するためではなく、新庄と風間のやりとりをモモに聴かせる為のものでした。新庄は風間ともっと深い関係になりたいと言いよっていました。モモは二人の会話を聴きながら、これまで風間にしてきた事を振り返り、自業自得だと泣きながらその電話を切ろうとします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)