フジテレビのドラマ「グッドドクター」第9話のあらすじとキャスト




2018年9月6日(木)夜10時から放送されたフジテレビのドラマ「グッドドクター」第9話のあらすじを紹介していきます。手術の腕は高山誠司には劣る為、自分が出世する為には手術の腕を磨くのではなく、上の機嫌を取ることが大事だと考えていた間宮啓介は、猪口隆之介に裏切られ出世の道が閉ざされたことで自暴自棄に陥っていました。そんな時に新堂湊に医師として間宮もすごい腕を持っていると言われ、手術の感覚を取り戻した間宮は高山の代わりに難しい手術を成功させ自信を取り戻します。そんな中、新堂が担当している森下伊代が意識を失い倒れてしまいました。第9話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「グッドドクター」のキャストと登場人物

松風理咲(役:森下伊代)

登場人物

森下伊代(もりした・いよ)東郷記念病院の小児外科の患者で新堂湊が担当している。姉の汐里に支えられ病気と闘っている。患者の滝川亮平に恋心を抱き、そのサポートを新堂にお願いする。

「グッドドクター」第9話のあらすじ

猪口隆之介の企みによって新体制の改革案が可決され、東郷記念病院は小児外科と産婦人科が年内に廃止されることになりました。

小腸移植が必要になった森下伊代のために、姉の汐里は自分の臓器を提供したいと瀬戸夏美と新堂湊に告げます。移植した際に他人の臓器の場合、伊代が拒絶反応を起こすリスクがあると聞いた汐里は、迷うことなく自分がドナーになることを選択したのです。

姉妹は早くから事故で両親を亡くしており、たった一人残された伊代の看病をずっとしてきた汐里は、伊代のことを誰よりも大切に想ってきました。伊代が目を覚ますと、汐里は軽い貧血だったみたいと言って誤魔化します。汐里は瀬戸と新堂にドナーのことは伊代に黙っておくようにお願いします。

ある日、高山誠司に相談しにきた脳神経外科の盛岡豊は、バスケの練習中に頭を強打し水頭症を発症した滝川亮平について小児外科の人たちに説明します。水頭症だけでなく腰髄も損傷しており、本人は水頭症が治れば両足は動くと思っていました。

滝川の家族から本当のことは黙っておくように言われていた新堂は、何も知らずに過ごしている滝川や伊代を見て、胸が苦しくなります。

そんな中、伊代は真実を知ってしまいます。これまで何度も手術を繰り返し、今度は汐里から臓器をもらうのかと苛立つ伊代は、病室から新堂と汐里を追い出します。

その頃、高山は猪口と滝川の母が立ち話している内容を聞いてしまい、動揺します。滝川の実の父は猪口でした。年内で小児外科がなくなることを知った滝川の母親は瀬戸と高山を呼び出し、息子を海外の病院に転院させたいと申し出ます。

その理由が年内で小児外科がなくなると聞いたからだと聞かされた瀬戸は、高山にどういうことかと尋ねますが高山は何も答えず、手術があるからといってその場から逃げるように去っていきます。

その後、高山は瀬戸にだけ事実を話し、年内になくなる前に出来るだけ患者を救うのを手伝って欲しいと頼みます。

新堂は伊代になぜ手術をしたくないのか教えて欲しいと伝えると、伊代はこれまで汐里に散々迷惑をかけてきたのに、これ以上汐里に迷惑をかけられないと話すのです。そんな伊代の話しを影で聞いていた汐里は、抑えきれず涙を流すのでした。

滝川が転院する日、突然頭が痛くなり倒れてしまいます。緊急手術することになり、高山から連絡をもらい慌てて高山の元へ駆けつけた猪口は、どうか助けて下さいと頭を下げます。そして居ても立っても居られなくなった猪口は、手術する様子を見ながら幼い頃の滝川の写真を握りしめます。

手術は難航し何度も危険な状態に陥りますが、無事に水頭症の手術は成功します。

目を覚ました滝川は、両足が動かないことに気づき困惑します。ずっと隠していた母は、それを見てもう足が動かないことを伝えます。その事を知った伊代はさらに落ち込みますが、新堂に言われて行った先に滝川が車椅子に乗りながらバスケの練習をしている光景を見て、諦めない気持ちを教えられます。

滝川はかなり前から手術しても両足が動かない事を知っていました。

新堂は伊代も諦めずに頑張っていると伝え、汐里にとって伊代がどれだけ大切な存在かを話します。ようやく手術を決意した伊代は汐里と抱き合います。

一方、猪口は息子を救ってくれてありがとうと高山に頭を下げますが、病院を救うためには生産性の悪い小児外科をなくすしかないと言うのでした。

伊代の検査結果を見た高山は瀬戸を呼び出し、すでに肝硬変を起こしているため小腸移植は出来ない状態であることを伝えます。

その頃、伊代は汐里と話している最中に口から血を流し倒れます。

一方、新堂は司賀明から電話をもらい、でるとガタンという音がして電話がすぐに切れたため、不安になり慌てて院長室に向かいます。そして、院長室の中で血を流して倒れている司賀の姿を発見し、新堂は司賀先生と何度も叫ぶのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)