テレビ東京のドラマ「インベスターZ」第9話のあらすじとキャスト




2018年9月7日(金)夜0時52分から放送されたテレビ東京のドラマ「インベスターZ」第9話のあらすじを紹介していきます。渡辺隆子は母が居抜き開業することに反対し反発しますが、スマホを利用して客数を安定させる事が出来るかもしれないと判断し、親子で喫茶店経営を始めることになりました。そんな中、財前孝史は藤田繁富から財前の曽祖父が道塾学園の投資部を創立させた人物で、太平洋戦争の引き金を引いた男でもあると告げられてしまいます。その事が財前とどう繋がっていくのでしょうか。第9話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「インベスターZ」キャストと登場人物

芳本美代子(役:財前律子)

登場人物

財前律子(ざいぜん・りつこ)財前孝史の母親。明るい性格で誰とでもすぐに仲良くなれるが、その分すぐ人に流されてしまう。

「インベスターZ」第9話のあらすじ

財前の曽祖父・龍五郎は道塾学園に在籍中、数学の才能を開花させ投資部を創立し、その後投資界のカリスマになっていました。太平洋戦争真っ只中の時代に、海軍大使と手を結んだ龍五郎は藤田家の株を大量に買い占め、経営権を奪い真珠湾攻撃を実行していました。

龍五郎は善悪ではなく、損得が全ての男だったと藤田繁富は財前孝史に告げ、君は曽祖父のようにはなってはならないと伝えます。そんな話を聞いた財前は頭をかかえ帰ろうとすると、ちょうどその時帰宅した藤田美雪と鉢合わせします。

そして、美雪の兄・慎司が現れ、藤田家を継ぐことになった自分の判断で、投資部を整理し解散させることにしたと告げられます。財前はそんな慎司に、学園の生徒が運用する方が合理的だと反論します。

慎司はそれなら3番勝負で決めようと話し、財前が負ければ投資部は即廃部。慎司が負ければスタンフォードの大学院に行くのではなく、それより低いランクの東京大学の大学院に行くことを条件に、財前はその場で勝負することを決めます。

投資部に戻った財前は何の相談もせず、決めたことにみんなから袋叩きにされますが、キャプテンの神代圭介はよくやったと財前を褒めます。神代は130年間歴代の投資部の先輩たちが道塾学園を支えてきたのだと話し、その歴史を今の代で潰すわけにはいかないと意気込みます。神代の熱い思いに共感した月浜蓮と渡辺隆子、リン・コウメイ、美雪の4人は全力で財前のサポートをすると誓います。

そこへ、ゼンが現れ繁富から伝言を預かってきたと話します。慎司と財前の闘いを公正公平に判断するため、繁富が間に入って取り仕切ることをかって出たのでした。ゼンは一つ目の対決は不動産対決だと告げ、財前に東京に来るように言います。

次の日の朝、これまで不動産投資などやったことのない財前は、参考本を読みながら全く頭に入ってこないこと気がつきます。ふと自分が住んでいる家の値段が気になった財前は路線価を調べ、土地と家でざっと3500万円になることを知ります。それから、固定金利の住宅ローンと仲介手数料、所有権移転登記料、不動産所得税、印紙税、固定資産税、都市計画税、家の修繕費を全て足すとほぼ6000万円になることを知り、やっと払い終わっても家はボロボロで価値がなくなっていることに気づき、なぜ父が家を買ったのか疑問に思います。

父の孝彦と一緒に家を出た財前は、そこでなぜ家を買ったのか尋ねます。孝彦は確かにローンで倍以上の金額を払わなければならないが、お金には変えがたい大切な思い出を残せる場所が作りたかったからだと答えます。

神代は財前からその話を聞き、35年もローンを払い続けるなんて普通の人間のすることではないと罵声します。さらに常識にとらわれて未来を予測できない人間はクズだと言い、一国一城の主人になるなんて商売の餌になっているのと同じだと話します。投資部のメンバーたちは住宅ローンがいつ始まったのか調べ始め、不動産の歴史を学ぶのでした。

後日、東京にある藤田家のもう一つの家を訪れた財前は、そこで繁富から塚原為之助を紹介されます。塚原は有名な投資家で、繁富は塚原に1つ目の闘いのお題と審査をお願いしていました。

塚原は早速1人5000万円ずつ渡し、このお金で都内の不動産を一つ買って来るように言います。そして、どちらか気に入った方を自分が買うと言い、その買われた方が今回の勝負の勝者だと言うのです。慎司はその金を持ってすぐに家を出ます。

しかし、財前は家を出る前に塚原にどういう物件がいいのか尋ねます。塚原は価値が高くて儲かりそうな物件だと話し、勝負するための必要な情報を手に入れようとする姿勢に君は賢いねと褒めます。そして、不動産で儲けるためには売るか貸すかしかないとヒントを与え、どちらで儲けるかをよく見定めるように言います。

早速、大金を持って家を出た財前は、不動産投資対決を開始するのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)