日本テレビのドラマ「サバイバルウエディング」第8話のあらすじとキャスト




2018年9月8日(土)夜10時から放送された日本テレビのドラマ「サバイバルウエディング」第8話のあらすじを紹介していきます。黒木さやかは柏木祐一と名前で呼び合うようになり、平日だけでなく毎週どこかに一緒に行くまでの仲になっていました。そんな二人の関係がよく分からなくなった黒木は、宇佐美博人に助けを求めるのですが、そこに母の美恵子の姿があり驚きます。そんな黒木は柏木から告白される日がくるのでしょうか。第8話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「サバイバルウエディング」のキャストと登場人物

前野朋哉(役:中島鉄男)

 

登場人物

中島鉄男(なかじま・てつお)rizの編集部員。おしゃれ好きな意識高い系に憧れている。独身で3枚目キャラだが、自身は2枚目キャラだと思っている。

「サバイバルウエディング」第8話のあらすじ

rizの編集長・宇佐美博人の元を訪れていた黒木さやかの母・美恵子は、婚活コラムのライターSが娘のことではないかと確認しに来ていました。その事で石橋和也と婚約破棄になっていることを知った美恵子は、どういう事かと黒木に詰め寄ります。

しかし、宇佐美から黒木が書いたコラムが読者アンケートで1位を取っているほど人気のコラムだと聞かされ、仕事を頑張っている黒木に免じて今まで黙っていたことを許します。

一方、柏木祐一は父の惣一と意見が合わず、惣一から「お前は俺の言う通りにしていればいいんだ」と言われていました。

その頃、宇佐美は海外進出に向けての話が順調に進んでおり、軌道に乗れば取締役になれるチャンスを役員からもらい、いつもより浮かれていました。宇佐美は黒木から柏木との関係がよく分からないとの相談を受け、すぐ本人に関係を確認すれば良いとアドバイスします。

黒木はそんな極端なアドバイスをする宇佐美に文句を言うと、宇佐美は男が結婚を決めるとすれば病気か転勤だろうと言って突き放します。そして、どうしても手に入れたいのであればプライドを捨てて貪欲になれと言うのです。

その日の夜、美恵子は黒木の部屋で黒木が書いたコラムを読み返しながら、いつ王子を紹介してくれるのか尋ねます。黒木はそんな美恵子にまだそんな段階ではないと告げ、話を誤魔化すのでした。

次の日の夜、黒木は柏木と仕事帰りに食事に行きますが、勇気が出ず二人の関係を確認出来ずにいました。食事を終え、柏木に自宅の前まで送ってもらった黒木は、筑前煮を作る為にみりんを買って帰ってきた美恵子と鉢合わせします。

美恵子は偶然の出会いに嬉しくなり、柏木に上がっていくように誘います。そして、作りかけていた筑前煮を黒木と一緒に完成させ、その場で柏木に食べさせます。美恵子は柏木に勤務先や年齢、家族のことを色々と尋ね、聞かれた柏木は少し戸惑ってしまいます。

そして、美恵子はご家族にも持って帰るようにと、パックに詰めた筑前煮を柏木に渡そうとします。黒木はそんな美恵子に苛立ち、こんなの迷惑だと言って美恵子の手を引っ張ると、持っていたパックが手から落ちてしまい、そのまま床に飛び散ってしまいます。慌てて柏木は広い集め、結局筑前煮を持って帰ることなくその日は別れるのでした。

次の日、川村製薬の打ち合わせに柏木と一緒に同行していた黒木は、昨日のこともあり終始落ち込んでいました。そんな黒木を気遣い、今度は3人で食事に行こうと誘う柏木ですが、美恵子はすでに今日帰ることになっていた為、黒木はそのことを柏木に伝えます。

そんな二人の話をランチに行く話だと勘違いした栗原美里は、私もランチに行きたいと言うとその場に居た永瀬義徳は、久しぶりにみんなで行こうかと声をかけ、結局5人で食事することになります。

そんな中、ラーメン屋さん偶然美恵子に会った石橋からメールをもらいます。二人のことが気になった黒木は席を立ち、石橋に電話します。石橋は美恵子から叱られたが、そのあとはあっけらかんとして応援してくれたと話します。そして、東京に来るたびに黒木が以前担当していたB級グルメの記事を切り抜いたスクラップブックを見て、食べ歩くのが楽しみだと話していたことを伝えます。

黒木はそんな美恵子のことを考えながら柏木と帰っていると、柏木から美恵子が黒木といると楽しそうに笑っていて家族っていいなぁと感じたと言われます。黒木は柏木に背中を押され、慌てて美恵子を追いかけて空港に向かいます。

空港にいる美恵子を見つけた黒木は、そこで宇佐美と一緒にいる姿を目撃します。帰る前に会社に立ち寄った美恵子を、宇佐美は空港まで送ってくれていたのです。美恵子はお節介が過ぎてしまったと黒木に謝罪し、お互いの気持ちを確かめ合います。宇佐美は別れ際に柏木があの柏木惣一の御曹司であることを伝え、美恵子は動揺しながらも宇佐美に言いくるめられ、家柄なんて関係ないと納得して帰ります。

宇佐美から助言をもらい、柏木の車で海の近くのインテリアショップに二人で訪れた黒木は、そこで柏木に「私たちは付き合っているの」と確認します。すると柏木は、しばらく考えたのちに「一緒にインドに来て欲しい」と黒木に告げ、事前に用意していた指輪をポケットから出し「好きです。僕と結婚して下さい」と告白します。黒木は迷うことなく「はい」と返事をし、その後二人は一緒に海を裸足で歩き、夕日の中でキスをするのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)