日本テレビのドラマ「高嶺の花」第10話(最終回)のあらすじとキャスト




2018年9月12日(水)夜10時から放送された日本テレビのドラマ「高嶺の花」第10話(最終回)のあらすじを紹介していきます。月島モモは自分が月島市松の子供ではない事を知り、自暴自棄に陥ってしまいます。また、神宮流の家元になれなかった宇都宮隆一は、潔く花道の世界から身を引こうとします。そんな宇都宮について行くと決めた月島ナナは、月島の家元にはモモがなるべきだと思っていました。実の父が運転手の高井雄一だと知ったモモに、ハニートラップを決行しようとする新庄千秋から連絡が入ります。モモと風間はこの先どうなっていくのでしょうか。第10話(最終回)のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「高嶺の花」のキャストと登場人物

香里奈(役:新庄千秋)

 

登場人物

新庄千秋(しんじょう・ちあき)月島モモと中高の同級生で、裕福な家のお嬢様であり、脳外科医の先生でもある。モモに頼まれて風間にハニートラップを仕掛けようとするが、次第に風間に惹かれて行く。

「高嶺の花」第10話(最終回)のあらすじ

モモに頼まれてハニートラップを仕掛け、その声を携帯でモモに聞かせる新庄千秋でしたが、風間には全く効果がありませんでした。風間は、今でもモモの顔が浮かんでくるので浮気する気にはなれないと話して謝ります。そして自分はモモを大切にすると話し、その言葉を聞いたモモは泣き崩れながら自然に「ありがとう」と言う言葉が出るのです。

その頃、ナナは月島の財産放棄に関する書類を作り、弁護士立会いの元で市松へと渡します。「本気か?」と尋ねる市松にナナは「はい」と答えます。母親のルリ子は反対しますが市松は笑顔で「わかった、本日只今を持って月島を破門する」と告げます。ナナはルリ子に「月島をよろしくお願いします」と言って二人の前から立ち去ります。

一方の風間と千秋は、いつもの喫茶スナック・ボンソワールへ行き、そこで千秋は本当の事を全て打ち明けていました。真実を知った皆は「えーっ」と大声を出して驚きます。さらに携帯のマイクでモモに聞かせていた事を知った風間は「恥ずかしい」と言って頭を抱えます。

その頃、ナナはモモの元を尋ね、自分が破門になった事を話します。そして宇都宮龍一について行く事を決めたと打ち明けるのです。その宇都宮龍一は市松と二人で会っていました。市松は「こうなってよかったと思っている」と話し「モモとの婚姻を進めて良いな」と言います。さらに「新宮兵馬がひれ伏す程の才能を見てみたいとは思わんか?」と尋ねるのです。その後モモは市松の前に呼ばれ、「月島の正式な次期家元に」と言われ、モモもそれを受け入れ頭を下げます。

しばらくしてナナは急いで宇都宮龍一のマンションを訪ねます。連絡が付かない事を心配して駆け付けたのですが、母のルリ子も来ていました。しかし龍一は既に姿を消した後でした。

一方のモモは手作り弁当を持って風間を呼び出します。そして「家元になります」と話し、正式に分かれを告げます。モモは「ありがとうございました」と言って頭を下げます。モモの本気を感じた風間は慌てますが、モモの決心は固く風間を突き放します。そして改めて「ありがとうございました」と告げて立ち去ります。

風間は、みんなの前で泣きながら弁当を口にします。諦めきれない風間は泣きながら、以前に宗太が摘もうとして怪我をした高嶺の花を摘みに行くといい出します。その花をモモにプレゼントするのだと言うのです。風間の恩師・三宅と田村そして原田は風間と一緒にタクシーで花を摘みに向かうのです。

やがて風間は宗太が摘もうとした花を見つけます。田村達はその花を写真に撮り、そのまま帰ろうとしますが、風間はその花をめがけて登り出します。そしてもう少しで届く所まで来た時、最後の力を振り絞り花を手にしますが、同時に下へと落ちて怪我をします。

一方のモモは、新しい月島の家元としてお披露目の準備をしていました。亡くなった母が生きていた頃から世話をしていた使用人の金と銀に、自分の母親がどんな華道家だったのかを尋ねます。すると金と銀は、周りにとても愛された素晴らしい華道家だったが、市松がその才能を疎ましがり自分から遠ざけたのだと聞かされます。そしてもう一人の自分も存在せず、市松が羨むほどの母の生け花を想像するモモに「私はお花」と告げるのです。

モモは一人で「私はお花」と呟きながら、花に向かっている内に何かを感じ出します。そして自分のマンションへ戻った時、入り口に風間が摘んで来た花が花瓶に生けて置いてありました。その花を見たモモは自分の心の中にあった迷いを払拭する瞬間を迎えます。

そしてモモは俎上を行う事にします。月島の元を離れて新しい流派を立ち上げる事を認めて貰うための俎上だったのです。そこには神宮兵馬と数人の家元達が招かれ、俎上の事を突然に聞かされて慌てる市松もやって来ます。しかし新流派が認められるには、満場一致の賛同が必要となり、興奮する市松をなだめて「お手並み拝見しましょう」と話します。

モモはこれまでの月島流とは逆に、愛する風間の事を思いながら花を生け続けます。その姿を見た市松は「ちえこ・・」と呟きます。そして最後に風間が摘んで来た花を飾り「お慕い申し上げております」と笑顔で話し締めくくるのです。

それを見た兵馬は立ち上がり「私は、言葉も無い」と言ってモモに1票投じます。続く家元達もモモを支持する意思を伝えます。そして最後に残された市松に「モモは自分の足で立ちたいのです」と言って新流派の立ち上げの許しを乞います。

市松は「いばらの道を行くのか?」と尋ねると「一人ではありません、支え合う人が」と答えます。そして市松は「見事ではあった」と告げて賛同票を入れるのです。モモは満場一致で新流派の立ち上げを許されます。

そんな事を全く知らない風間は、怪我をして入院していた病院から家に戻って来ます。すると自転車屋の中は花で飾られ、すっかり様子が変わっていました。驚く風間が二階へと上がると「おかえりなさいませ」と言ってモモが待っていました。モモは月島の家元をパスして商店街で新しい教室を開くと言い出します。モモは風間に「あなたには高嶺の花を摘む資格がある」と話し、涙を流し喜ぶ風間はモモと二人で抱き合います。

そして風間が振り返ると、そこには金と銀も一緒に付いて来ていました。モモの実の父・高井雄一はそのまま月島に残り、市松に支える事になりました。

やがて商店街に宗太が自転車の旅から戻って来ます。商店街の皆は盛大に宗太の帰りを祝福します。「おかえり」と声をかける人達の中には、入院していたイルカさんの姿もありました。そして以前に暴力を振るって苦しめてしまった母に近寄り「俺、もう大丈夫だから」と告げるのです。

やがてモモは、沢山の人達を集め「一番大切な人を心に思い浮かべて」と言って生け花の素晴らしさを伝えて行くのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)