NHK大河ドラマ「西郷どん」第35話のあらすじとキャスト




2018年9月16日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第35回「戦の鬼」のあらすじを紹介していきます。再び長州征伐へ動いた幕府軍でしたが、長州軍に苦戦する中で天子様崩御の知らせを受け、休戦を長い出る事になります。さらに徳川家茂も亡くなり、ついに慶喜は第15代将軍へと動きます。そんな中、吉之助は倒幕を決意し長州と共に準備を始めます。そして戦が始まろうとしている中、突然に慶喜は大政奉還に踏み切ります。しかし吉之助は慶喜を疑い「必ず討つ」と誓うのです。あれほどまでに戦を嫌っていた吉之助が容赦なく倒幕に動き出しますが、この先どんな展開を見せるのか?第35話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

津田寛治(役:松平春嶽)

登場人物

松平春嶽(まつだいら・しゅんがく)福井藩主で橋本佐内を右腕として、島津斉彬らと協力し、一橋慶喜の将軍擁立に尽力する。幕末の四賢侯と呼ばれ明治維新に至るまで政治の中心で活躍する人物。

「西郷どん」第35話のあらすじ

慶喜は大政奉還に踏み切りますが、これまで政から離れていた公家達がすぐに困り出し、再び政の一切を徳川に泣きついて来ると予想していました。

その事を感じとっていた吉之助は、訪ねて来た坂本龍馬に話しますが、龍馬はその事に疑問を持ち吉之助との関係が悪化します。吉之助は「慶喜の息の根を止める」と龍馬へ宣言します。

吉之助は薩摩へ戻り、倒幕の兵三千を率いて上洛して欲しいと願い出ます。そして「天子様より勅命を賜りました」と話し、懐から岩倉具視に書いてもらった偽の書状を差し出します。さらに「責めは全てこの西郷が引き受けます」と話し、それを聞いた久光は出兵する事を決断します。

一方の坂本龍馬は、京の近江屋で中岡慎太郎と酒を酌み交わしていました。そこで突然現れた者達に襲われ、慶応三年11月15日、坂本龍馬はそのまま命を落とします。

それから数日後、三千の兵と共に京へと上った吉之助は、龍馬が亡くなった事を耳にします。するとそこへお龍が乗り込んできます。お龍は坂本龍馬から届いた手紙の中に、吉之助と喧嘩をしてしまったと書かれていた事で、龍馬の命を奪ったのは吉之助だと思い込んでいたのです。吉之助はその事を否定し、周りにいた者達からは「幕府に決まっている」と言う声があがります。

吉之助は龍馬の事を「新しい時代になくてはならない人だった」と話し、守れなかった事に「すまん」と言ってお龍に頭を下げます。お龍は「こんな事になるくらいなら、新しい時代なんかこなくていい」と叫び、屋敷の外へと出て行ってしまいます。

その後、吉之助は江戸での動きを内密に指示します。

大政奉還後、京へ戻る事が出来た岩倉具視の元へ、吉之助と一蔵が訪ねて来ます。そして「もう一度、我らとあやうき橋を渡って欲しい」と頼みます。それは「天子様に働き掛けて幕府の廃絶を宣言してもらう」と言う内容でした。岩倉は御所の周りを幕府が固めている事を懸念しますが、一蔵は御所の警備を追い払い、幕府の兵を近づけさせない様にすると話します。吉之助は「慶喜を丸裸にするのです」と告げます。

やがて御所の周りを薩摩の兵が固めて行きます。その状況は慶喜の元へも伝えられます。さらに薩摩の後に、越前、芸州、土佐、尾張の兵も加わって行きます。吉之助は「我らに向かって弓引く者は容赦なく成敗せよ」との命令を下します。しかし弟の信吾は兄・吉之助の変貌ぶりに戸惑っていました。

その後、新しい天子様の前に公家達が集められ、王政復古の大号令が発せられます。これを持って徳川幕府260年の歴史に幕が降ろされました。

その直後、新政府の体制を取り決める小御所会議が開かれますが、山内容堂と松平春嶽などから「慶喜がこの場に呼ばれていないのはおかしい」と言う声が上がり岩倉具視と言い争いが始まります。そこに集まっていた者達からも慶喜への寛大な処遇を求める声が多く、岩倉の立場は次第に劣勢になって行きます。

その頃「御所の門前に西郷吉之助が立っている」と言う情報が慶喜の元へと届きます。そして「今なら西郷を討つ事が出来る」と話し、慶喜に「ご決断を!」と叫び指示を仰ぎます。しかし慶喜は「西郷に銃を向けると言う事は朝敵になると言う事だ」と話し「それだけは出来ない」と叫び「俺は朝敵だけにはならん」と告げるのです。

しばらくして吉之助は御所の中にいる一蔵の元へ行き様子を伺います。一蔵からは土佐の容堂が粘るので、時間が掛かっている事を説明します。そこへちょうど通り掛かった容堂の姿を見つけます。容堂も一蔵と話す吉之助に気づきます。立ち止まり吉之助を見つめる容堂を睨み返す吉之助は、一蔵に対して「岩倉様にこれを渡して欲しい」と言って腰の短刀を渡し「そんな事、この短刀一本あれば事足りるだろう」と告げるのです。一蔵はその刀を受け取り、その場から立ち去ります。

その後、再び会議が再開しますが、容堂はこれまでとはうって変わり一言も喋らなくなってしまいます。そしてこれまでの形勢は逆転し、慶喜を新政府ら排除する事に成功します。その頃から慶喜は、吉之助の姿を夢見る様になり、明らかに怯える様になっていました。

しばらくすると、慶喜が京から逃げたと言う知らせが入ります。慶喜は大阪城へと居を移していました。慶喜は、数日前に江戸城の二の丸で火の手が上がり、薩摩の仕業だった事が判明したと言う報告を受けます。慶喜は「ここで薩摩の誘いに乗ってしまえば、戦の大義名分を与えてしまう事になる」と話し「決して誘いに乗ってはならん」と命じます。

しかし江戸での度重なる薩摩の挑発に業を煮やした庄内藩が、江戸の薩摩藩邸へ砲撃を開始してしまいます。薩摩藩邸の多くの者達が命を落とす事になります。そして遂に薩摩は正規軍となり旧幕府軍は朝敵となってしまいます。

吉之助は「此度の戦は大将の御首を取って勝利とする」と叫び、戦が始まる事となります。信吾は吉之助に歩み寄り「江戸の薩摩藩邸を襲わせたのは兄ではないか?」と訪ねます。吉之助は全て自分の指示だった事を認めます。

すると信吾は「鬼じゃ、兄さぁは戦の鬼になってしもたぁ」と言って涙するのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)