NHK大河ドラマ「西郷どん」第36話のあらすじとキャスト




2018年9月23日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第36回「慶喜の首」のあらすじを紹介していきます。慶喜を討つ事を決意した吉之助は「戦の鬼」と化し、これまでの戦嫌いのイメージとは真逆に、手段を選ばず倒幕への道を進み出します。慶喜の動きを感じ、徐々に追いつめて行く吉之助は遂に正規軍となり、慶喜を朝敵として政から排除します。吉之助の策に乗ってしまった旧幕府軍の反撃が始まろうとする中、遂に戦火を交える事になります。吉之助は数に勝る旧幕府軍を相手にどの様に戦おうとしているのでしょうか?第36話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

山田翔悟(役:中岡慎太郎)

登場人物

中岡慎太郎(なかおか・しんたろう)元土佐藩士で脱藩後は長州藩に亡命する。薩長同盟締結に尽力し、脱藩志士たちのまとめ役としても活躍する。京の近江屋で坂本龍馬と会っている時に龍馬を襲撃した者達の手に掛かり、命を落とす事になる。

「西郷どん」第36話のあらすじ

薩摩を中心とする新政府軍は、天子様の軍として京の守りを固めます。一方の旧幕府軍は大阪城から京へ向け進軍を開始します。慶応4年1月2日、両軍は鳥羽と伏見で戦を始めます。後に言う鳥羽と伏見の戦いです。

兵力で勝る旧幕府軍に押され、新政府軍は劣勢となります。その状況を岩倉具視の元へと知らせに行った一蔵は、岩倉から「最後の手段や、あれの出番や」と告げられます。岩倉と一蔵は、ゆうのいる屋敷へ戻り「できたか?」と尋ねると、部屋の奥には錦の御旗が飾られていました。500年前に後醍醐天皇が掲げたと言われるその御旗を誰も見た事はなく、岩倉は嘘とも誠ともわからないその旗を作らせて、新政府軍に掲げさせるのです。

早速、吉之助が待つ戦場に掲げた所、その効果は絶大なる物でした。旧幕府軍の兵士達は、朝廷に刃を向ける事を恐れ、新政府軍に寝返る者達も出て来ます。その様子を見た吉之助は怯む旧幕府軍を「一気に大阪城まで追い討ちを掛けよ」と命じます。その姿を見ていた信吾は「追い討ちまで掛ける必要はないのでは?」と吉之助に異を唱えますが、吉之助はあくまで慶喜の首を取る事に拘り、話しを聞き入れようとはしませんでした。その時、信吾は旧幕府軍の放った銃弾が首元へ当たり、その場に倒れてしまいます。信吾は、虎のいる鍵屋へと運ばれます。

一方、慶喜のいる大阪城には次々と負傷兵が運び込まれ、戦況が逐一知らされます。家臣達からは兵の士気を上げる為「何とぞご陣頭に」と言う声が次々と上がります。更に、錦の御旗が掲げられた事で寝返る者達が出ている事も伝え、一旦大阪城へ立てこもり、江戸から援軍を呼び寄せるべきとの声も聞こえます。すると慶喜は「あい、わかった」と答え、家臣の忠誠心に感謝し「世は戦う、世に付いて来い!」と叫ぶのです。

しかしその夜、慶喜と数名の重臣達は、味方の兵を置き去りにしてコッソリと大阪城を抜け出します。戦が始まって四日目の事でした。その知らせは吉之助の元へも伝わります。慶喜は江戸へと船で逃げ出したのです。不運にも嵐に遭遇した開陽丸でしたが、なんとか難を逃れ江戸へとたどり着き、慶喜とふき、そして数名の重臣達は江戸城へと戻ります。

そこへ勝海舟がやって来ます。そして「戦に負けたのも、徳川の名を地に貶めたのも、みんなあんただ」と話し「あんたは徳川の恥だよ」と告げます。そして側にいたふきも「あなたは西郷様から逃げただけです」と話し「謝ればいいではないですか」と告げるのです。慶喜は「出て行け、二度とその面を見せるな」と叫びます。ふきは「いいんですね」と答え、深く頭を下げてその場を後にします。その姿を見ていた勝海舟も「哀れだね、あんた」と告げて、その場を立ち去ります。

その頃、京の鍵屋では騒ぎが起こります。その当時、京に異人が入る事は許されていなかったのですが、突然一蔵達と共にイギリス人の医者がやって来たのです。そして世界最高峰の切開手術が行われ、信吾を含めた薩摩の多くの負傷兵の命が助かる事になります。

意識を取り戻した信吾は一蔵に「兄さんは鬼になってしもうた」と呟きますが、それを聞いた一蔵は否定し、医者を京へ呼んだのは吉之助だと話します。吉之助は、イギリス人の医者を京へ招き入れる許しを天子様へ直接に願い出ていたのです。

しばらくすると吉之助達は、旧幕府軍の征伐に向けて江戸へと向かいます。負傷した者達は、吉之助達を見送りに出て来ますが、その時、負傷していた信吾が現れ「自分も連れて行って欲しい」と頼みます。信吾の気持ちを汲み取った吉之助は「好きにせい」と話し、皆に別れを告げ出発します。

その後、慶喜は徳川の菩提寺だった上野の寛永寺に謹慎し、天子様へ恭順の意を示しているとし、慶喜に対しての寛大な処置を望む書状が京へと届きます。しかし吉之助は周りの意に反し「慶喜討伐は天子様のご命令だ」と言って聞き入れません。そして軍議の末、官軍の江戸城総攻撃は3月15日に決まります。

その頃、勝海舟は慶喜の元を訪ね「自分に全てを任せてくれれば、この戦は必ず勝てる」と持ち掛けます。しかし慶喜は「そんな事をすれば、その時こそ日本は終わりを迎え、異国の手に渡ってしまう」と答えます。そして「徳川は世界の笑い者になってしまう」と言うのです。勝は慶喜に「戦を続ける気持ちは無いと言う事ですね」と確認すると、慶喜は後始末を勝に託したいと答えるのです。そして自分は「どんな沙汰も甘んじて受ける」と告げます。

側で聞いていた山岡鉄太郎はすぐに吉之助に会う為、駿府へと向かいます。吉之助に会う事ができた山岡は、勝からの手紙を渡します。しかし中身を見た吉之助は、勝の申し出を断り立ち去ろうとします。そして「慶喜公を信じる事は出来ない」と話します。山岡は吉之助の前に座り「自分の命と引き換えに、我等の想いを天子様へお伝え願いたい」と話し、自ら腹を切って命を絶とうとします。吉之助は寸前の所で山岡を止め、勝に会う事を約束します。

吉之助は江戸へと進めていた兵を江戸の手間で一旦留置き、何人かの家臣を連れて先に江戸へと入ります。江戸ではこれから大戦が始まると言う噂が流れ、人々はその時を恐れ、吉之助達が薩摩の者だと知ると周りの人々は慌ててその場から逃げだすほどでした。吉之助達が、飯屋の座敷で料理を待っていると、そこへ幾島がやって来ます。幾島は吉之助に会う為、薩摩の屋敷をも訪ねていました。

そして幾島に案内され江戸城へと入り、天璋院篤姫と12年振りの再会を果たすのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)