NHK大河ドラマ「西郷どん」第37話のあらすじとキャスト




2018年10月7日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第37回「江戸無血開城」のあらすじを紹介していきます。あくまで官軍として慶喜の首を取る事に拘る吉之助は、その思いを貫き通し江戸城総攻撃に備えます。そんな中、慶喜の覚悟を確かめた勝は、山岡に全てを託して吉之助の元へと向かわせます。そしてなんとか説得に成功し、吉之助は先に江戸へと入り勝と会う事にします。すると江戸へと入った吉之助の前に、突然に幾島が現れます。そして天璋院篤姫の元へと連れて行き、二人は12年振りの再会を果たすのです。開戦を前に、様々な人達が動き出す江戸の町。吉之助と慶喜の戦いはどんな方向へと向かって行く事になるのでしょうか?第37話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

柏木由紀(役:西郷園)

登場人物

西郷園(さいごう・その)吉之助の弟・吉次郎の妻で、兄・吉之助が活躍する裏で、極貧生活を支え続ける吉次郎の良き妻として切り盛りして行く。

「西郷どん」第37話のあらすじ

慶喜を追って5万の大軍と共に江戸城を目指す吉之助。江戸城総攻撃は3月15日と決まります。

突然現れた幾島に連れられて、吉之助は天璋院と再開します。天璋院は「慶喜公の首と引き換えに、この戦を終わらせて欲しい」と頼みます。そして慶喜の首を差し出し、自らも自害する覚悟だと告げ、深々と頭を下げて「徳川を救って欲しい」と言うのです。

しかし吉之助はその頼みを断ります。そして「徳川を完膚無き迄に打ち砕かなくてはならない」と告げます。そして3月15日に総攻撃を開始する事を告げてその場を立ち去ろうとしますが、天璋院は「ならば徳川の名に掛けて自らも戦う」と答えます。

江戸城総攻撃の前日、吉之助に会う目的で江戸の薩摩藩邸に勝が訪れていました。勝は、江戸城総攻撃を食い止める為の条件書を差し出します。慶喜公の隠居や江戸城の明け渡し、武器や軍艦の引渡しを全て受け入れると言う内容が書かれていました。そして「江戸100万の民を救って欲しい」と言う勝の言葉に、吉之助の心は揺れ動きます。これまでの事を思い出しながら、吉之助は総攻撃の中止を決断します。勝は涙を流しながら吉之助の決断を心から喜びます。そして勝は、慶喜に会いに行き「二人の喧嘩は二人の間で解決すればいい」と伝えます。

吉之助はその夜、慶喜の元を訪ねます。突然目の前に現れた吉之助に慶喜は「命を取りに来たのだろう」と話し「早くやれ」と話します。吉之助は「なぜ、戦わずに逃げたのか?」と訪ねます。慶喜は、フランスとの間で15万の軍と、5万丁の銃を支援してもらい、勝利した暁には薩摩を明け渡す約束を交わしていた事を話し「薩摩の支援にはイギリスが加わり、日本の中で異国同士の戦いが行われ、最終的に勝った国が日本を乗っ取る事になる」と話しそれを防ぐ為に「自分に出来る事は、逃げる事しかなかったのだ」と答えるのです。それを聞いた吉之助は「徳川慶喜が本当のあなたではなく、ヒー様が本当のあなただったのですね」と話し「よくぞ逃げて日本を守ってくれました」と言って頭を下げます。

その後、吉之助は京で行われた新政府の会議に出席し、江戸での事を報告します。しかし、長州の桂小五郎はあくまで徳川を叩き潰す事に拘ります。吉之助は、もし徳川が約束を違えた場合には「自分が慶喜の首を取る」と話し、その場にいる者達を納得させます。そして慶喜は水戸家預かりの処分となり、江戸城の明け渡しが決まります。

吉之助は再び天璋院の元を訪ね、慶喜を許した事を詫びます。天璋院は徳川の家を守ってくれた事を喜び、吉之助に感謝を伝えます。そしてこれまで、徳川がどうやって世を治めて来たのかを綴った書物を目の前に並べ全てを渡すと言います。そして「西郷が作る国を見たくなった」と話します。

しかし、しばらくすると新政府に異を唱える者達が集まり出し、彰義隊と名乗るその勢いは周囲に広がりを見せます。そんな中、桂は長州から一人の男を呼び寄せていました。その男は大村益次郎と言う名の、かつてわずか3500の兵で幕府10万の軍勢を破った男でした。

吉之助は勝に会い、果ての見えない戦を始める覚悟を話します。勝は「生きて、龍馬が夢見た新しい国を作ってくれ」と話すのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)