NHK大河ドラマ「西郷どん」第38話のあらすじとキャスト




2018年10月14日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第38回「傷だらけの維新」のあらすじを紹介していきます。勝と会った吉之助の決断で、血を流す事なく江戸城を明け渡し徳川の世に終わりを告げた江戸でしたが、納得出来ずにいた大勢の者達が集まり彰義隊を結成します。再び戦火を交える事になる官軍は、長州から大村益次郎を呼び軍の指揮を任せる事になります。勝と吉之助は予想外の展開を嘆きますが、もはや誰にも彰義隊を鎮める事は出来ませんでした。再び大きな戦が始まろうとする中、吉之助が願う国は本当に作る事が出来るのでしょうか?第38話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

林家正蔵(役:大村益次郎)

登場人物

大村益次郎(おおむら・ますじろう)長州藩の優秀な藩医で、やがて兵学者となって彰義隊との戦を1日で終わらせる。新政府軍では幹部となり大久保と対立して行く事になる。

「西郷どん」第38話のあらすじ

大村益次郎による指揮の元、吉之助が率いる新政府軍は攻撃を開始します。吉之助の目の前で彰義隊の兵士達は次々と命を落とし、わずか半日で壊滅します。その後も尚、反乱の火はおさまらず、会津、東北、北越の諸藩が抵抗を続けていました。大村は、兵の数、武器、兵糧、資金、その全てにおいて不足している事を軍議の場で話します。そして「このままでは必ず負ける」と話すのです。吉之助は、この戦を終わらせる為に薩摩から援軍を出す事を約束し、急ぎ薩摩へと向かいます。

吉之助と共に弟の信吾と小兵衛も戻り、西郷家は久しぶりに賑やかな空気に包まれます。留守を守る吉次郎は、日本中に名前が響き渡る西郷吉之助を頼って訪ねてくる人達に、わずかながらも金銭を渡している事が話題となります。吉次郎は、自分の事よりも西郷吉之助の名が汚れる事が嫌だったのです。それを聞いた吉之助は吉次郎に感謝します。さらに吉次郎は糸に、島で暮らす菊次郎に向けて米や書物を送ってやる様にと気遣っていました。糸は、吉次郎がいずれ菊次郎を薩摩へ呼び寄せたいと思っているのではと吉之助に話し、自分も同じ事を考えていると伝えるのです。

その後、吉之助は国父・久光と会い、現状を説明し資金と兵を要請します。久光は全てを吉之助に任せる事にします。ある朝早く、畑に向かう吉次郎に信吾が声を掛けます。吉次郎の手には農作業に必要なクワ意外に、剣術の鍛錬に使う木刀が握られていました。薩摩に戻ってからの信吾は、兄・吉次郎の様子がおかしい事に気づいていたのです。吉次郎は「自分も薩摩隼人として戦場で戦いたい」と叫びます。しかし、大怪我を負って片耳が聞こえなくなっていた信吾は「戦場など、好き好んで行く所ではない」と言ってその場を立ち去ります。

その日、妹の琴が険しい顔で吉之助を訪ねて来ました。琴は吉之助に対して「もっと家族の事を考えて欲しい」と言い出し「感謝ばかりでなく形にしてあげて欲しい」と頼むのです。吉之助がどれだけ出世しても苦しい生活が続く中「安心して家を留守に出来るのは家族が我慢しているからだ」と話します。そしてその中でも一番我慢しているのが吉次郎で「たまにでいいので感謝を形にしてやって欲しい」と頼むのです。

吉之助は「わかった」と答え、吉次郎に「何か欲しい物はないか」と尋ねます。しばらく考えた吉次郎は吉之助の前に座り「一つだけお願いしたい事がある」と伝えます。そして「俺も戦働きがしたい」と言い出すのです。さらに「一生に一度でいいので、兄や弟と共に侍らしく戦場を走り回ってみたい」と訴えます。

その様子を見ていた妻の園は、嫁になってから初めて自分のしたい事を口にした吉次郎の気持ちを大事にしたいと言って、戦には行って欲しくない気持ちとは裏腹に吉之助に対して「願いを叶えてやって欲しい」と頭を下げます。吉之助は、吉次郎の覚悟を確認し「共にまいれ」と伝えます。

その後も、新政府軍の戦況は思わしくありませんでした。吉之助は軍艦で急ぎ越後へと向かいます。越後へ着いた吉之助の元へ、各方面から援軍の要請が入って来ます。そんな軍議の最中に信吾が慌てて駆け込んで来ます。吉次郎が銃弾に倒れたと言うのです。しかし吉之助は「兵の命はみな同じだ」と答え軍議を続けます。その後、北越戦争は双方1500人の犠牲者を出し、新政府軍の勝利で終結します。

そして吉之助は大勢の負傷者が集まる越後・柏崎の陣に出向き、負傷兵をねぎらいます。その中に吉次郎の姿もありました。吉次郎は最後の力を振り絞り、吉之助に抱かれながら「侍働きができて嬉しかった」と伝え「どうか身体だけは大事にして下さい」と言って静かに命を引き取るのです。

その後も戦は続く中、日本は明治へと移って行き岩倉具視や大久保一蔵、そして西郷吉之助達が中心となり明治政府が動き出します。そんな中、江戸城は東京城と名前を変え明治天皇の新しい住まいとなります。しばらくして吉之助は一蔵と二人で話しをし、自分を「薩摩に帰らせて欲しい」と頼みます。自分の役目は終わったと言うのです。一蔵はこれから始まる新政府を前に納得出来ないと答えますが、吉之助はここまで来る為とは言え「多くを自分の手で壊して来た責任を取らねばならない」と話し、一蔵の前から立ち去るのです。

吉之助は信吾や小兵衛と共に薩摩へと戻ります。喜んで出迎える家族の前に吉次郎の姿はありませんでした。吉之助は吉次郎の形見を園に渡して「すまん」と声を掛けます。信吾は吉次郎の立派な最後を園に対して話します。しばらくして糸は、吉次郎が床の下に貯めていたお金を吉之助に見せます。家族はみんな知っていた事でしたが、吉之助がまた何を始めるかわからないので、その時のために少しずつ貯めていたと言うのです。それを聞いた吉之助は、一人その場を離れ大声で涙します。

その夜、吉之助は糸に頼んで頭の髷を刀で落とし髪を整えてもらいます。吉之助はこれまでに対してケジメを付けたのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)