NHK大河ドラマ「西郷どん」第39話のあらすじとキャスト




2018年10月21日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第39回「父、西郷隆盛」のあらすじを紹介していきます。新政府軍の先頭に立ち戦った吉之助は大久保一蔵達と共に明治新政府を発足するに至ります。しかし、先の戦いで弟の吉次郎を失った吉之助は、この先の政から引退し薩摩へ帰りたい気持ちを一蔵に打ち明けます。そして、これまでに自分が多くを壊して来た事に対して髷を落としてケジメを付けるのです。自分の役目は終わったと言う吉之助ですが、このまま新政府は新しい世を作って行く事になるのでしょうか?第39話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

上白石萌音(役:西郷清)

登場人物

西郷清(さいごう・きよ)西郷従道の妻で、西郷家に嫁ぐとすぐに従道は視察の為に渡米してしまう事になる。従道が帰国すると上京して従道と暮らすが、西南戦争後に賊軍となってしまった吉之助の家族を支え続ける事になる。

「西郷どん」第39話のあらすじ

時は明治37年、京都市役所には新しい市長がやって来ます。その男は西郷菊次郎と言い、西郷吉之助と愛加那の間に生まれた息子でした。西郷菊次郎は早速に前市長だった内喜勘三郎からこれまでの引き継ぎ資料の説明を受けます。そして西郷の助役として川村という男が側で働く事になります。川村は以前に台湾に渡り菊次郎の下で働いたことがありました。その時の吉次郎の姿を見て、さすがは西郷家の長男だと感銘を受けたことを話します。しかし菊次郎はこれまで西郷家の長男として生きてきた訳ではなく、どちらかと言うとそう言われる事を避けて生きて来たと話すのです。そんな吉次郎に川村は西郷隆盛の事を話して聞かせて欲しいと頼みます。菊次郎は川村の願いを聞き入れて、明治2年頃からの記憶を話し出します。

新政府とはすっかり距離を置いた西郷吉之助はこの頃から西郷隆盛と名を改め、農地を巡って野良仕事を手伝う日々を送っていました。薩摩も鹿児島と名を変え、様々なところで明治が始まったことを感じる中、隆盛の妻・糸は熊吉と共に愛加那と共に暮らす菊次郎のいる大島を訪れていました。糸と菊次郎は初めて愛加那と会うことになります。糸は隆盛の代わりに菊次郎を鹿児島へ連れて帰る為に大島にやって来たのです。

愛加那は糸に向かって菊次郎を自分の子ではなく、西郷吉之助の子供だと思って育てて来たと話します。そして一人前の薩摩隼人に育ててやって欲しいと頭を下げて頼みます。糸も静かに頭を下げて「はい」と答え、吉之助が愛加那に対する感謝の気持ちをいつも話している事を伝えます。

一方、鹿児島の西郷家はこれまでの借金を全て返し、新しい家に移り住んでいました。やがて糸は菊次郎を連れて新しい家に戻ってきます。そして野良仕事から戻って来た隆盛と初めて会う事になります。着物を着替えて家族と共に初めての食事の時、菊次郎は長男の席を避けて寅太郎に譲ります。愛加那から寅太郎が西郷家の嫡男であると教えられていたのです。次の日から菊次郎は読み書きや剣術を周りの子供たちと共に学びます。

しばらくして隆盛は久光に呼び出されます。その頃、これまでの領地や民を天子様にお返しする版籍奉還がなされ、全国の藩主達は政治的権力を失いつつありました。そんな状況に不審感を持っていた久光が隆盛に愚痴をこぼし「これがお前の言う維新か」と尋ねます。隆盛は黙って何も答えませんでした。

その頃、政府の会議ではこれまでの武士の世を急いで終わらせようとする大久保一蔵と元長州藩士の木戸孝允の間で、政治の進め方について意見がぶつかりあっていました。やがて改革を急ぐ一蔵のやり方に全国で不満を持つ者達の声が高まります。薩摩でもその不満の声は西郷隆盛の元へと集まって来ますが、政は全て大久保一蔵に任せていると言って聞き入れようとはしません。しかしそのことが発端で、一人の若者が東京集議員の門前で願いを書き綴った文を前に割腹して自害してしまいます。これをきっかけに士族や民衆による暴動が益々増え続けることになります。

この状態を岩倉具視は心から心配していましたが、大久保一蔵は手を緩めることはしませんでした。大久保は西郷信吾から西郷従道と改めた隆盛の弟を呼び寄せ、隆盛に会って新政府へ加わるよう説得して欲しいと告げます。従道はその申し出を引き受けて鹿児島へと向かいます。

その頃の隆盛は戊辰戦争で命を落とした藩士の家を1件ずつ訪ね供養をしていました。やがて従道は西郷家に戻って来ます。アメリカやフランスを巡ってきた従道は、見てきた様子を子供達に話して聞かせます。その夜、従道と隆盛は二人で話しをします。そしてフランスで見たポリスの話しをして、自分も日本にポリスを作りたいと話し、自分と一緒に東京に行って欲しいと頼みます。しかし隆盛は首を縦には振りませんでした。

隆盛は糸にそのことを話し、東京に行きたいと告げます。自分が変えてしまった仕組みで困っている人達を助ける責任があると話しますが、糸は菊次郎のことを考えてやめて欲しいと頼みます。その会話を菊次郎は布団の中で聞いていました。

翌朝になって家族の元へろやって来た菊次郎は、黙って隆盛の前へと座ります。そして「東京へ行って欲しい」と話し出します。そして「自分もいつか父上のようになりたい」と言うのです。さらに菊次郎は糸に向かって頭を下げ「どうか父上の東京行きを許してあげて下さい」と頼むのです。

これをきっかけに西郷隆盛は再び政治の場へと導かれることになるのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)