NHK大河ドラマ「西郷どん」第40話のあらすじとキャスト




2018年10月28日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第40話「波乱の新政府」のあらすじを紹介していきます。明治になり新政府によって改革が行われる中、これまでの士族や民衆から不満の声が高まり、その打開策として一蔵は鹿児島から西郷隆盛を呼び寄せることにします。一蔵に頼まれて西郷家に戻った西郷従道の話しを聞いた隆盛は東京行きを決意しますが、愛加那から引き裂いて連れ戻った菊次郎を心配する妻の糸は反対します。しかし隆盛と糸の会話を聞いていた菊次郎は、家族の前で「東京に行って欲しい」と言い出します。愛加那から聞かされていた「自分のことよりも先ずは民のことを考える立派な武士」であって欲しいと願ったのです。再び政治の場へと復帰することになる西郷隆盛の行く手には何が待ち受けているのか?第40話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

城絵史(役:西郷菊次郎の子供時代)

登場人物

西郷菊次郎(さいごう・きくじろう)西郷吉之助と愛加那との間に生まれた男子で、愛加那と大島で暮らしていたが9歳の時に西郷家に呼ばれて糸を継母として共に暮らすようになる。

「西郷どん」第40話のあらすじ

明治2年、菊次郎は奄美大島から鹿児島の西郷家へと引き取られます。

やがて岩倉具視と大久保一蔵は勅書を携えて鹿児島城へとやって来ます。勅書の中には、久光に対して東京で政府に力を貸す様にと言う内容が書かれていました。しかし久光は仮病を使ってその申し出を辞退します。

西郷高盛は岩倉と大久保に「裏で何かを企てているのではないか」と尋ねます。大久保は全国の藩を取り潰す計画をしている事を話します。発足したばかりの新政府は資金不足となり、これまで全国の藩で行われて来た税の徴収を中央で一手に行うことでこの問題を解消しようと考えていたのです。いわゆる廃藩置県です。

一蔵たちは薩摩にいる20万とも言われる士族たちが久光の元で反旗をひるがえすことを恐れていました。高盛は「今までにないほどの強い軍が必要になる」と話し「天子様の軍を作り各藩の精鋭を集め御親兵として軍を作り、そのまとめ役を自分が引き受ける」と話します。

明治4年2月になり高盛は熊吉と共に東京へとやって来ます。久しぶりの東京はすっかり様変わりをしていて熊吉だけでなく高盛もその様子に驚きます。高盛は新政府の者たちと一緒に大久保邸で食事をしながら久し振りの再会を果たします。メンバーたちは高盛が言い出した天子様の御親兵について異論はないと話し出しますが一部の者達からは「もっと他にお金を廻すべきではないか」との意見も出てその場の空気が変わって行きます。

その様子を見ていた高盛は会議の後、一蔵と二人で話しをします。一蔵は一人で悩んでいました。高盛は「皆なの心を一つにすべきだ」と話しますが、一蔵は「時を掛けずに自分たちが先頭に立って進めたい」と話します。

やがて諸藩から御親兵に参加する精鋭たちが集まってきます。しかし新政府の中では廃藩置県の断行についての意見がまとまらないままの状況が続いていました。ある夜、一蔵は高盛の元へ行き意見を求めます。高盛は新政府の政について苦言をぶつけますが、一蔵は「100年先の民の暮らしを考えての事だ」と答えます。翌日、高盛は雨の中で一人悩んでいました。

しばらくして一蔵は新政府内の反対派に知らさないまま、天子様から廃藩置県に関する勅書を手にします。反対派の者たちは怒りをあらわにしながら大久保の前に詰め寄って来ます。そして新政府から抜けると告げてその場から出ていこうとします。

するとそこへ西郷高盛が現れます。そしてその場の空気がおかしい事に気付きますが、新政府から抜ける事にした者たちの声を聞いた高盛は「薩摩と長州だけで廃藩置県はできるはずがない」と一蔵に詰め寄り「政府が一枚岩にならなくてはならない」と話します。そして「もう一度話しあおう」と言って頭を下げます。一旦は出て行こうとしていた者たちも、もう一度席に着き再び話しあいを続ける事になります。

会議が終わり、再び一蔵と二人で話す高盛は「今のまま、先の日本の為に進めるように」と一蔵に話し「抱えきれない事は自分が引き受ける」と話すのです。

そしてやがて廃藩置県が断行される事となり、新しい日本へと生まれ変わります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)