NHK大河ドラマ「西郷どん」第41話のあらすじとキャスト




2018年11月4日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第41話「新しき国へ」のあらすじを紹介していきます。ついに廃藩置県が断行され日本の姿は大きく変わる事になります。新政府の姿を間近に見た西郷隆盛は考え抜いた末に大久保一蔵の考えを信じ、共に進む事を決意します。ようやく全国の藩を取り潰し、武士の時代を終わらせる事になった日本の舵取りを新政府はうまくやる事ができるのでしょうか?第41話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

浜野謙太(役:伊藤博文)

登場人物

伊藤博文(いとう・ひろぶみ)長州藩の貧しい百姓の家で育った人物で、後に初代内閣総理大臣となる。松下村塾の門下生で吉田松陰に推薦されて桂小五郎の側で働く事になる。

「西郷どん」第41話のあらすじ

廃藩置県の後、新たに欧米への使節団が送られる事になります。岩倉具視をはじめとし大久保と木戸も加わる事になります。しかし維新へ尽力した旧藩出身者の中には薩摩と長州が中心となって進めていた新政府を快く思わない者達の存在もあり、使節団が欧米に行って留守となる間に実権を握ろうと密かに画策していました。

西郷吉之助は大久保一蔵にある考えを伝えます。それは天子様に日本の隅々まで見てもらい、民にも天子様の姿を見せることで日本が一つにまとまるのではと考えていたのです。吉之助は明治天皇に直接自分の考えを訴え出ますが、周りを支える者達から大反対をされてしまいます。しかし明治天皇は自ら吉之助の考えを受け入れ西郷吉之助に全てを委ねます。

そしてそれから暫くした11月には、岩倉使節団に対して欧米渡航の勅命が下されます。岩倉と大久保は残された新政府を吉之助に託し、自分達が戻るまで人事を含め新しい事は何もしないようにと言い残して渡航する事になります。

早速、大久保達が留守の間に政府内では不満を持っていた者達が牙をむく事になりますが、吉之助は「留守を預かっている間はこれまで決めて来た事をしっかりと守るべきだ」と話します。そんな中、元長州藩士で今の陸軍大輔だった山県有朋が、陸軍の金を勝手に持ち出していた事が発覚します。周囲の者達から山県への責任を求める声が上がり、吉之助は会議を開き山県の退任を決断し、その場で山県へ通告します。

さらに吉之助の元へ薩摩にいる久光からの書状を携えた海江田が現れて、廃藩置県によって薩摩の中で多くの人々の不満が高まっている事を聞かされます。吉之助は海江田に薩摩だけ特別な扱いをする訳には行かないと話し、近い内に天子様と共に薩摩に行く事になると告げます。その話しは薩摩の西郷家にも届き、揃って驚かされる事になります。

そして明治5年5月、天子さまは山口、長崎、熊本などの西国を新国家の元首として巡る事となります。その時、始めて目にする天子様が洋服姿だった事に多くの者が驚きます。

そして鹿児島を訪ねた天子様は久光とも直接に会う事になります。天子様の姿を直接目にした久光は、その後で吉之助と二人だけで会話をします。そして吉之助に「一つだけ訪ねる」と言って「これが兄と作りたかった新しい国か」と話します。吉之助は目に涙を浮かべながら想い描いていた国とは掛け離れている事を打ち明けます。すると久光は「このやっせんぼがぁ」と叫び「やり抜け、最後までやり抜くんじゃ」と告げるのです。そして「やって、やって、それでも倒れた時は、この薩摩に戻ってくればよか」と話すのです。さらに久光は「新しき国は、これからの若い者達の為にある」と話し、それを聞いた吉之助はありがたく頭を下げてその場を後にします。

久しぶりに西郷家に戻った吉之助の元へ妻の糸が近付き声を掛けます。すると菊次郎もやって来て「自分も異国で学びたい」と伝えます。菊次郎は「天子様のキラキラする姿を見てそう思った」と告げるのです。その事を聞いた二人は寂しい気持ちを感じながらも菊次郎の成長をとても喜びます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)