NHK大河ドラマ「西郷どん」第42話のあらすじとキャスト




2018年11月11日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第42話「両雄激突」のあらすじを紹介していきます。岩倉使節団の派遣が決まり、新政府の留守を預かる吉之助は天子様と共に西国を巡行し、鹿児島に戻ります。そして天子様の姿を見た菊次郎は「自分も異国で学びたい」と言い出します。明治になり少しずつ変わり始める人々に、吉之助が願う新しい世は訪れるのでしょうか?第42話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

村上新悟(役:山県有朋)

登場人物

山県有朋(やまがた・ありとも)元長州藩士で、維新後には渡欧して他国の軍を視察し、新政府にて陸・海軍に従事するが汚職の発覚で新政府を追われることになる。その後復帰し、西南戦争で政府軍の指揮をとって西郷高盛と戦うことになる。

「西郷どん」第42話のあらすじ

アメリカへ留学する事に決めた菊次郎は、西郷高盛と共に東京へと入ります。そこで従兄弟の市来宗介と英語を学びます。高盛は菊次郎にアメリカで農業を学んで来る事を進めます。菊次郎は東京の高盛の家から宗介と共に大きな不安と期待を胸に抱き出発して行きます。

1年程してロンドンの大久保から手紙が届きます。その手紙には実際の欧米の姿を目にした事で、あまりに日本が遅れている事を思い知らされる事のなったと言う内容が書かれていました。そしてアメリカとの不平等な条約を改める交渉が全く相手にされず失敗に終わったとも書かれていて、西郷はその文面から大久保が受けたショックを手に取るように理解する事となります。

本来10ヶ月間の予定だった使節団は1年が経っても帰国しませんでした。留守を預かる西郷は、改めて自分が先頭に立ち、政府内をまとめる事を決意します。しかし政府内では山縣有朋に続いて元長州藩士だった井上馨の不正についての声が上がります。西郷は提出された証拠の書類に目を通し、井上に対して政府の役職を辞任する事を求めます。そして、戻って来ない使節団との約束だった「使節団が戻るまでは何もしない」と言う約束を破り、残った者達だけで民の為の政を進めると進言します。

さらに新たに3名の参議を加えて留守政府が動き出す事になります。西郷は、徴兵令、学校教育制度、地租改正、鉄道や製糸場の開業、太陽歴の採用や裁判所の設置など、次々と取り組みます。その事を三条実美はとても心配していました。岩倉具視が戻って来た時に、勝手に政を進めた責任を追及されるのではないかと恐れていたのです。西郷は進めている政について使節団に報告をしているので大丈夫だと話します。

そんな矢先、天子様の宮中に火の手が上がったとの知らせが入ります。天子様は無事に避難されましたが明治6年5月5日、宮殿は消失してしまいます。火事の現場に飛び込んだ西郷は自宅に戻り2日もの間倒れてしまいます。そして医者からは心臓が弱っていると告げられます。周りの心配を受け入れた西郷は留守政府を他の参議達に任せてしばらく体を休める事にします。

そんな中、突然に大久保が先に一人だけ帰国して来ます。予定よりも8ヶ月も遅れての帰国でしたが、さして成果もあげられず肩身の狭い帰国となりました。留守政府を訪れた際、参議達の反応はとても冷たいものでした。そして大久保を政府から追放する動きを見せ、大久保は他の参議を厳しい目で睨み付けながら黙ってその場を立ち去ります。

大久保は病に倒れている西郷の元を訪ねます。大久保は異国で見た驚きの光景を西郷に話して聞かせ、留守政府の参議を辞めさせて新しい政府を作り直す事を提案しますが、西郷はその話しに異を呈します。そして二人の議論は噛み合わず物別れに終わってしまいます。西郷は大久保に対して政府を辞めて薩摩に帰れと告げ、政府は自分達だけで十分だと告げるのです。

そして数日後、西郷は政府に復帰します。しかし早速に問題が起こります。朝鮮国が日本に対して「無法の国だ」と言う通告を出し、日本の商人を厳罰に処すと言い出したのです。政府の中では軍艦を差し向けるべきだと言う声が上がりますが、戦になりかねないと言う声もあり話しは紛糾します。そんな中で西郷は、朝鮮国にいる日本人の安全を考えて戦にはしてはならないと話し、自分が全権大使として一人で向かいたいと三条に話します。そして天子様の承諾を貰って欲しいと頼みます。それから2ヶ月もの間議論を重ねて西郷を派遣すると言う事で天子様の承諾を得る事となります。

西郷は大久保の元を訪ねます。しかし大久保は西郷に会おうとはしませんでした。そして明治6年9月13日、予定より1年も遅れて岩倉使節団が帰国し、何の成果もあげられなかった事を報告し天子様の前で頭を下げます。その後、元長州藩士の参議達が集まり岩倉と話しをします。そこにいた伊東博文は約束を破った西郷の責任を問うべきだと岩倉へ訴えます。そこへ遅れてやって来た大久保も参加し密談を始めます。

しばらくして帰国した岩倉が政府の元へとやって来ます。そしてその場には岩倉と同行して来た大久保の姿もありました。早速に会議が始まりますが、大久保はいきなり口を開き、西郷の朝鮮国への派遣に異を唱えるのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)