NHK大河ドラマ「西郷どん」第43話のあらすじとキャスト




2018年11月18日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第43話「さらば、東京」のあらすじを紹介していきます。岩倉使節団も帰国し岩倉具視と共に政府へ戻って来た大久保でしたが、これまでとは表情が変わり、西郷の朝鮮国派遣へ異議を唱えます。政府から排除された元長州藩士達と結託して密かに動きを始める大久保の言動に戸惑う西郷は、この先どんな決断を迫られる事になるのか?第43話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

泉澤祐希(役:川路利良)

登場人物

川路利良(かわじ・としよし)元薩摩藩士で西郷を慕っている一人で、西郷の抜擢により警察を任される事になり、日本初の警視庁大警視となる。しかし、新政府側の役目として西南戦争では西郷を追い詰める事になって行く。

「西郷どん」第43話のあらすじ

政府では、岩倉使節団が帰国して最初の閣議が行われます。その席で大久保は西郷の朝鮮国派遣に異議を唱えます。大久保は事前に岩倉と密談を交わし、西郷に勝って今の政府を壊したいと訴えていたのです。そして岩倉はその大久保に加担する事を決めていました。

大久保は会議の場で朝鮮の事など放っておいて、国を強くする事が優先事項であると話します。そして西郷には何も見えていないと話しますが、西郷は「朝鮮国の居留民を見捨てるつもりか?」と叫びます。その様子を見ていた他の参議達は正式に岩倉と大久保の罷免を求めます。すると岩倉は西郷に対して「望み通り朝鮮国へ行って来い」と叫び、正式に朝鮮国への派遣が決まります。

会議の後、大久保は岩倉と共に辞職を三条へ申し出ますが、その事を聞いた三条は突然に苦しみ出し倒れてしまいます。一方の西郷は弟の西郷従道が心配する中、はやる気持ちを抑えつつ天子様の許しを待ちます。するとそこへ三条が倒れたと言う知らせが西郷を含む参議達の元へと知らされます。

驚く西郷は三条の元へと向かい、三条から「大久保が恐ろしい事を企んでいる」と打ち明けられます。そして数日後、再び閣議が開かれ、そこへ現れた岩倉は自分が太政大臣代理である事を伝えます。岩倉は大久保から進められて、自ら天子様に願い出て太政大臣代理の承諾を得ていたのです。

さらに天子様に「西郷が朝鮮に渡る事で命を落とすかもしれない」と伝え、西郷の朝鮮派遣を何としてでも食い止め様と動いていたのです。岩倉は天子様の声として「朝鮮への使節派遣を否決する」と伝え、大久保の指示通り西郷の朝鮮行きを食い止める事に成功します。

その報告を西郷は黙って聞いていました。しかし他の参議達は納得せず岩倉へと詰め寄ります。その騒ぎを見ていた西郷は立ち上がり、政府の参議を辞任する事を伝え、岩倉へ深々と頭を下げてその場を後にします。その話しは西郷を慕っている仲間達に伝わり騒ぎとなりますが、西郷は「それぞれの役目をしっかりと果たす様に」と伝えます。

しばらくして岩倉と大久保に対立していた参議達も辞職し、大久保は早速に新体制を考え、自分の役職を内務卿とし大きな権力を握る事になります。派遣から戻り体調を壊していた木戸孝允は西郷高盛の元を訪ね、異国との交渉失敗と留守の間に元長州藩士だった参議達が起こした汚職の責任を取って辞職する旨を伝えますが、西郷は「どうしても政府に残って欲しい」と説得し、木戸は西郷の思いを受け止めて政府に残る事を決めます。

しばらくして大久保が帰宅すると西郷が訪ねて来ていました。薩摩に帰る前に挨拶をしに来たのです。テーブルを挟んで大久保と向かい合う西郷は「自分を政府から追い出したかったのか」と尋ね「そうだ」と答える大久保に「なぜ直接に言ってくれなかったのか」と叫びます。しかし大久保は西郷に対して冷たい言葉を発するだけで、その姿に西郷は落胆し「あとは自分のやり方で思いっきりやれ」と言い残し、お互いに涙を流して別れを告げます。

その翌朝、西郷と熊吉は朝早く人知れず東京を後にし、薩摩へと向かう事になります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)