NHK大河ドラマ「西郷どん」第44話のあらすじとキャスト




2018年11月25日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第44話「士族たちの動乱」のあらすじを紹介していきます。岩倉具視と大久保利通の企てにより朝鮮国へ行く事が出来なくなった西郷高盛は、大久保利通を訪ねて直接別れを告げて薩摩へ帰る事にします。自分にとって邪魔な存在を政府内から全て排除する事に成功した大久保利通は、これからどんな政を実行して行く事になるのか?第44話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

渋川清彦(役:板垣退助)

登場人物

板垣退助(いたがき・たいすけ)元土佐藩士で戊辰戦争において活躍し、新政府軍の要職に就くが岩倉具視らと対立し下野する事となる。

「西郷どん」第44話のあらすじ

明治6年11月、西郷高盛は東京から鹿児島へと戻って来ます。西郷は政から解放され、犬と狩りに出かけたり畑作業に励みながら静かな暮らしをおくります。

そんな中、突然に桐野利秋や篠原、辺見といった西郷を慕う者達が東京の役目を辞めて鹿児島へと戻り西郷の元へとやって来ます。西郷はみんなを座らせて激怒します。そして今からでも東京へ戻る様にと伝えますが、すでに新政府に対しての不満が限界を超えていた者達は「西郷先生こそ東京へと戻って欲しい」と訴えるのです。しかし西郷は「帰ってくれ」と話し「二度とここへは来るな」と告げます。

その後も西郷を慕って政府の仕事を辞めて鹿児島へと戻る者の数は膨れ上がる一方で、鹿児島を預かる大山綱良は頭を抱えていました。その数は600人にも膨れ上がり、そのほとんどが士族で薩摩には仕事もなく、このままでは不満が暴発するのではないかと大山は心配していたのです。

大山の不安は的中し不穏な空気が満ちて行きます。そんな中、再び桐野達が西郷家を訪ねて来ます。「西郷先生の行き先を教えて欲しい」と熊吉に詰め寄る桐野達に、奥から糸がやって来て対応します。そして「勝手な事を言わないで欲しい」と話し出し「みなさんを見ていると腹が立って仕方が無い」と告げます。糸は、これまで走り続けて来た西郷高盛の姿をそばで見て来た者達なら、今度は自ら走るべきでは無いのかと話すのです。それを聞いた者達は黙って西郷家を後にします。

その頃、東京の明治政府内では、大久保が西郷従道と村田新八、川路利良の3名を呼び「自分の手助けをして欲しい」と話します。村田は西郷が新政府を離れた理由を大久保へ訪ねます。大久保は「自分の役目は終わったと告げて帰っただけだ」と説明します。川路は、これまで自分をここまで取り立ててくれたのは西郷様だと話しながらも、大久保に従って任務を遂行すると話します。

そんな時、岩倉具視が何者かに襲われたと言う知らせが入ります。そして不満を抱く土佐藩士に襲われた事が判明します。幸いにも岩倉に怪我はなかったのですが、政府内の木戸は「薩摩に戻った者達を西郷高盛一人で抑える事ができるのか」と心配を大久保へぶつけます。しかし大久保は「西郷が立つ事は断じてない」と答えます。その頃、鹿児島の大久保家に石が投げ込まれ、嫌がらせを受けます。この事がきっかけとなり大久保の家族は東京へ移り住む事を決意します。

明治7年2月15日、江藤新平率いる佐賀軍は、政府軍が守る佐賀城へ攻撃を開始します。世に言う「佐賀の乱」です。その噂はやけになりかけていた鹿児島の士族達にも伝わり、益々不穏な空気が漂います。そんなある日の夜、江藤が西郷の家を訪ねて来ます。そして一緒に戦って欲しいと頼みます。しかし西郷はその申し出を断ります。江藤は「西郷高盛には失望した」と告げ仲間達と西郷家を後にします。江藤はその後政府軍に捉えられて大久保によって処刑されてしまいます。さらに大久保は江藤をさらし首にして新聞にもかきたてて、同じ事が起きない様にと見せしめにしたのです。しかしその事が鹿児島で不満を持つ士族達に火を付ける事となってしまいます。

考えた西郷は大山を訪ね、士族を暴発させない為の学校を開設したいので資金を出して欲しいと頼みます。するとそこへ村田新八が姿を見せます。村田も政府を離れて鹿児島に戻って来ていたのです。そして西郷の開設する学校を手伝いたいと言い出し、異国で学んで来た事を西郷の元で役立たせる道を選びます。西郷は桐野達に学校を開く事を話し、手伝って欲しいと頼みます。しかし桐野は「今の政府を正し、日本を変えられるのは西郷先生しかない」と叫び、西郷に背を向けて立ち去ります。

その後、西郷高盛は私学校を開設し、様々な教育を始めます。そんなある日、アメリカに渡っていた菊次郎と宗介が帰国します。そして私学校で学ぶ事になります。さらに桐野も考えを改め、西郷の元で働く事を決意します。

西郷の開いた私学校の情報は東京の大久保にも伝えられます。すると大久保は川路に対して密偵を増やす様にと命じるのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)