NHK大河ドラマ「西郷どん」第45話のあらすじとキャスト




2018年12月2日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第45話「西郷立つ」のあらすじを紹介していきます。新政府への不満を抱き、西郷高盛を慕って鹿児島へ戻って来た者達を一つにまとめ、暴発を防ぐ目的で私学校を開設する事になった西郷高盛でしたが、東京の大久保は密かに密偵を送り込んで監視していました。互いの立場と考え方の違いから大きな溝が出来てしまった二人は、今後どの様に関わって行く事になるのか?第45話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

天野拓郎(役:桐野利秋)

登場人物

桐野利秋(きりの・としあき)貧乏の中で育ちながら子供の頃に西郷と出会う事になる。その後剣術を極め「人斬り半次郎」と呼ばれて恐れられる存在となる。後に桐野年秋と改名し西郷に取り立てられて日本初の陸軍少尉となるが、西郷が政府の職を離れて鹿児島に戻ると、後を追って鹿児島へ戻り西郷に支えて私学校で働き、後の西南戦争では先頭を切って西郷と共に戦い命を落とす事になる。

「西郷どん」第45話のあらすじ

西郷高盛が私学校を設立してから1年が経ち、生徒は2000人を超えても更に増え続ける状況にありました。しかしその中には大久保の命を受けた密偵の存在もありましたが、西郷や私学校の者達はまだその事に誰も気付いていませんでした。

しばらくすると菊次郎の妹・菊草が母・愛加那の元を離れて西郷家へと引き取られて来ます。明治9年3月、大山は私学校を訪れ、刀を腰に差す事を禁じる旨を伝えます。侍の命とも言える刀を腰に差す事を禁じるなどと言う命には、さすがに私学校の生徒達も激怒します。しかし大山は「私学校がすでに政府から目を付けられている存在である」と説明し「このままでは刀狩りになり兼ねない」と話し説得します。大きな騒ぎになる中で桐野が大山の前に立ち、腰から刀を外して「政府の言いなりになるのでは無く、西郷先生の私学校の為だ」と大山に告げるのです。その言葉に賛同した他の者達も同様に、腰から刀を外すのでした。

しかしそんな思いなど政府には伝わらず、士族への給金を廃止するなど次々と新たな締め付けを行って来るのです。そして士族の怒りは頂点に達し、萩の乱、秋月の乱、神風連の乱などの反乱を起こします。それに対して政府は軍を送り込み、力でねじ伏せて行きます。

熊本や福岡で騒ぎが起きる中、西郷の私学校のおかげで鹿児島には平和な時間が流れていました。そんな中、村田が駆け込んで来て、西郷に「私学校まで来て欲しい」と伝えます。「熊本から文が届いた」と言うのです。そして「私学校で学ぶ一部の者達が騒ぎ出している」と話します。西郷が私学校に着くと、政府への不満を抱き今にも戦を始めようとする者達を桐野が食い止めていました。

西郷は「お前達が立つ事は断じてならん」と大声で叫び「畑を耕して薩摩で共に生きる」と言う約束を守る様にと話します。すると篠原が「一つだけ聞いて欲しい事があります」と言って「私学校を潰そうと企てている政府が、この私学校に密偵を送り込んでいる」と話します。それを聞いた者達は仲間割れを起こし密偵探しの空気が流れます。しかし西郷は、畑を耕しながら学問を学んでいるだけなので「密偵など気にする必要は無い」と言ってその場を落ち着かせます。

その様子を見て、密偵として私学校に潜り込んでいた中原から政府に対し「ハンランノケハイアリ」との報告が入ります。報告を受けた大久保は出兵の体制を整えるようにと指示を出します。そんな中、私学校では遂に中原が密偵である事が発覚してしまいます。そして密偵から情報を聞き出した桐野達は政府軍の武器庫を襲撃します。それを聞いた西郷は急いで私学校へと戻ります。そしてその情報は東京の大久保の元へも知らされます。

西郷は捉えた密偵が隠し持っていたメモを桐野から受け取ります。その中には「ボウズヲシサツセヨ」と書かれていました。そしてそのボウズとはまさに西郷高盛の事だと知らされるのです。西郷はショックを受けてその場に泣き崩れます。桐野も「こんな仕打ちはあんまりだ」と叫び「我が身を捨石として政府の政を正すのみ」と言って西郷の前にひざまづきます。西郷は静かに立ち上がり「わかった」と呟き「みんなで東京へ行け」と話すのです。そして「全国の士族達の思いを政府に訴え、政のあり方を正す」と告げます。

その夜、西郷は家族に東京へ行く事を話します。すると菊次郎も高盛と共に東京へ行きたいと願い出ます。糸は反対しますが、菊次郎はたとえ戦になるやも知れぬとも「一緒に行く」と意見を曲げません。その後、高盛と糸は二人きりで話しをします。糸は高盛に「必ず新しい国を見せてくれるのですか?」「その為に東京へ行くのですか?」と尋ねますが、高盛は何も答えませんでした。

明治10年2月17日、鹿児島に50年ぶりの大雪が降る中、西郷達は鹿児島を出発します。そして熊本、宮崎、大分からも西郷達に同行したいと言う声が沢山届きます。すると海江田が国父様からの「必ず帰って来い」と言う言葉を携えて現れます。西郷は深く頭を下げて感謝し、家族に見送られ別れを惜しみながら家を後にします。

そして政府には「西郷が兵を率いて立った」と言う知らせが入るのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)