NHK大河ドラマ「西郷どん」第47(最終)話のあらすじとキャスト




2018年12月16日(日)夜8時に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」第47(最終)話「敬天愛人」のあらすじを紹介していきます。政府軍に追い詰められた西郷高盛は、ついに西郷軍を解散する決意を固めます。そして若い者達には投降して生き延びる様にと命令します。最後まで侍として戦いたい者達の先頭に立ち、自分の命をささげる事で世の中から一切の戦を終わらせようとするのですが、西郷の思いは政府軍に届くのでしょうか?第47(最終)話のキャストとあらすじをまとめてみます。

ドラマ「西郷どん」のキャストと登場人物

西田敏行(役:西郷菊次郎の成人期)

登場人物

西郷菊次郎(さいごう・きくじろう)西郷隆盛と愛加那の間に生まれた長子で、9歳の時に西郷家に引き取られ、その後12歳の時にアメリカへ留学し、17歳の時に父・高盛と共に西南戦争で戦うが、負傷によって右足を失ってしまう。高盛が亡くなった後、外務省で働き台湾の支庁長として従事し、その後京都市長に就任する。

「西郷どん」第47(最終)話のあらすじ

明治10年8月17日、延岡にいた西郷は糸や菊次郎達を残して終焉の地と定めた鹿児島へ向かいます。そして残された者達の元へ政府軍が現れ、西郷高盛の行き先を尋ねます。しかし誰も口を開こうとはしませんでした。その時、政府の許しを得て西郷従道が到着します。政府軍も西郷達の居場所を突き止めて鹿児島へ向かっている事を察知します。従道は糸や菊次郎を薩摩の家まで送って行く事にします。

西郷軍は450キロもの道無き道を歩き、遂に目的地だった城山へと辿り着きます。そこからは正面にハッキリと懐かしい桜島が見えていました。そして城山を下り政府軍との戦いを繰り広げます。しかし政府軍の圧倒的な武器と駆けつけた援軍に包囲され、西郷軍は再び山の上へと押し戻されます。

その頃、従道に付き添われ糸や菊次郎達は西郷家に戻ります。皆、菊次郎の片足が無い事に声を失います。高盛の妹・琴は「すぐに戦を止めて欲しい」と従道に訴えますが、それを聞いた従道は「もう止める事は出来ない」と答えます。琴は「もし兄の高盛を討つような事になれば、二度とこの家の敷居を踏まさない」と大声で叫び「二度と薩摩へ戻ってくるな」と告げるのです。琴の息子・宗介も高盛と共に戦う事を望み、戦地へ残っていました。高盛の息子・寅太郎も従道の前に膝間付き「父上を助けて下さい」と頼みますが、その姿を見た糸は「命乞いなど、西郷家の恥になる」と止めるのです。黙ってその場を立ち去る従道に一人で駆け寄った糸は「覚悟は出来ているので、胸を張って自分のお役目を全うして下さい」と言って頭を下げます。

その頃、城山に逃げていた西郷軍は村田新八の演奏で賑やかに歌い踊ります。その数は372人となっていました。一方で、鹿児島の政府軍本営に大久保から連絡が入ります。そこには「明朝4時に政府軍の総攻撃を開始せよ」との言葉が書かれていました。さらに「本日の夕刻5時までに降伏すれば、西郷高盛の命は助ける」とも書かれていたのです。桐野達は「先生だけは生きて欲しい」と訴え出ますが、西郷は仲間と共に戦い命を捨てる覚悟を決めていました。

その日、東京の上野では外国の要人を招いての産業博覧会が開かれていました。日本全国から1万4000点もの品々が出展されていましたが、鹿児島だけは参加していませんでした。その頃西郷は仲間達に向かって「自分が命を落とす事で、ようやく日本中の士族達が別の道を見つけようとするはずだ」と話していました。そして政府軍からの書面を破り捨て期限の5時を迎えます。そしてその報告は式典での挨拶を控えた大久保の元へと伝えられます。必ず降伏すると思っていた大久保はとても動揺し、挨拶もままならぬ状況になってしまい、突然に壇上を降りてその場を立ち去ってしまいます。

その夜、覚悟を決めた西郷軍の仲間達は、清々しいまでに最後の夜を楽しみます。やがて夜が明け定刻の4時を迎えます。そして西郷と精鋭達は「侍の最後を遂げよ」と叫び、最後の戦いに向けて走り出します。政府軍も大砲を撃ち、その音は薩摩中に響き渡り、西郷家でも家族が皆一同に座り、黙ってその音を聞いていました。国父・久光と海江田も同じく静かにその音を聞いていたのです。次々と命を落として行く西郷軍の精鋭達に混じり、果敢に走り廻る西郷隆盛でしたが、ついに政府軍の銃弾を浴びてその場に倒れてしまいます。やがて政府軍の砲弾の音も止み、戦いが終わった事を感じた糸は、高盛達のいる方向に向かい膝間付き「おやっとさぁでございました」と頭を下げます。

一方で東京の大久保は、家に帰るなり出迎えた妻・満寿に向かって「戦は終わった」と告げます。満寿は「吉之助さんは、どうされましたか?」と尋ね、それを聞いた大久保はその場に座りこみ、何度も、何度も「吉之助さぁ」と泣きながら大声で叫び続けるのでした。西郷隆盛が戦いで命を落としたと言う知らせは新聞によって日本中を駆け巡ります。人々は夜空に輝く火星を西郷星と名付けて崇めました。愛加那も、西郷と共に暮らした奄美の島からその星を見つめ、亡き高盛に思いを巡らせるのでした。

西郷の妻・糸は家族全員を座らせて、高盛から子供達に伝えて欲しいと預かった「これからの国づくりはお前達にかかっている」と言う言葉を伝えます。そして「逆賊、西郷隆盛の子供である事を恥じる事はない」と告げるのです。そして世間で「西郷星」などと言われているが、旦那さまは決して喜んではいないと話し「本当の西郷隆盛はいつも低い所で弱い者に寄り添ってあちこちを走りまわっていた」と思い返しながら「誰よりも心が熱く、太い人だった」と笑顔で語るのです。

高盛が亡くなって8ヶ月後の翌年、大久保は馬車で移動中に突然現れた数人の男達に襲われ、斬奸状を突きつけられた後、外に引きずり出され執拗なまでに切りつけられて命を落とす事になるのでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)